フリバンセリン最強説!?女性用バイアグラの頂点が決まった!

媚薬と精力剤の世界につい最近衝撃が走りました。それは、「フリバンセリン」という女性用のバイアグラがなんと米食品医薬品局で正式に認可されたのです!
女性の興奮を引き立て、性的な欲求を増加させる効力を持つ医薬品として海外で承認された事で媚薬界は騒がしくなりました。

今回はそのフリバンセリンについて詳しくご紹介していきたいと思います。

フリバンセリンとは

そもそも、フリバンセリンとはなんなのか? その答えは実に簡単です!「女性用のバイアグラ」です。
女性の性器に直接影響を与えて、強制的に濡れさせたり、興奮させたりする作用をもっております。基本的には媚薬となにも変わらないと思ってください。
純粋に、「媚薬」というよりも「バイアグラ」の方が聞きなれているからそう呼ばれているだけだと思います。

このフリバンセリンはそんな数多くある媚薬の中でも、唯一米食品医薬品局に承認された「誰にでも効果のある」媚薬です。
ほとんどの媚薬は効果があるものの、使う女性の体質に大きくその効果が左右されてしまいます。逆に、フリバンセリンはどんな女性でも効果があります。
だからこど、米食品薬品局が承認したんです!

フリバンセリンの生い立ち

フリバンセリンはドイツでうつ病の治療薬として製造されたおりました。抗鬱作用に効果があるのかの臨床試験をしている際に女性の性的欲求を促進する効果が検知されたのがすべてのきっかけです。
なので、血流を促進させ新地に直接症させる男性用のバイアグラ等と異なり、精神的な部分に働きかける効果を持っております。

気分が乗らない時などに興奮させる抗うつ剤から生まれただけに、その点への効果はかなり期待が持てますね!

フリバンセリンの効果


フリバンセリンが99%の確率でほとんどの女性に効くと断言できる理由はその臨床試験の結果にあります。
なんと、フリバンセリンは1万1000人の女性を対象に臨床試験を行ったことがあります。この時点で、他の媚薬とはくらべものにならないデータを蓄積しております。
唯一、そのデータに太刀打ちできるとすれば婚活パーティーで試験運用された「LOVE SHOT」でしょう。

実際の臨床結果としては、フリバンセリンを服用した女性らのうち、1か月のセックス回数が2倍になった女性が大半を占めたんです。
その結果を見て米食薬品局も認定したといわれております。
なので、間違いなく効果は見込めます!

ただ、問題もあるんです。それは、副作用です・・・
フリバンセリンには副作用があるんです。これは実際の臨床試験の際も起こった副作用ですが、40代前後の女性がフリバンセリンを服用した際に吐き気やめまいに襲われたというデータがありました。
ただ、これも1万1000人のうちの一握りのみだったということで「問題ない」と判断されました。

確かに、薬品なのである程度の副作用は仕方がないでしょう。

フリバンセリンはどの通販で買えるの?

結論から言います。フリバンセリンは日本では購入できません!

おそらく、まだ日本での通販流入の認可が下りていないのではないかと推測しております。
一度は、やはり試してみたいですが購入できないのでは仕方がないですよね。ただ、今後おそらく個人輸入者が通販サイトを通して増えてくると思うのでいずれは日本でも購入できる時代が到来してくると思います。

フリバンセリンの通販が可能になるまでは代役の媚薬を使いましょう!

フリバンセリンの代役はこれ

キャプ2

ただ、日本で購入できるようになるまで待てないという方もかなり多いと思います。そんな方には「媚女の雫」がおすすめです!
なんと、媚女の雫も実は不感症用患者のために作られた媚薬なんです!ただ、フリバンセリン程緻密に検査されてはおりません。なので、フリバンセリン以上の効果は正直見込めないと思います。

ただ、日本で流通している媚薬の中では圧倒的に有名で圧倒的なリピーターがおります。要は、効果のある女性には爆発的に効果があるということです。
日本でフリバンセリンが購入できない以上はまずは「媚女の雫」で我慢していくしかないと思います。
媚女の雫も十分に試す価値のある媚薬です! まだ試したことない方は是非試してみると良いと思います。

フリバンセリンは今後に期待

以上がフリバンセリンの情報です。理解していただけたと思いますが、フリバンセリンは今後に期待です!
日本での販売が始まるまでは一旦我慢が必要です。日本でフリバンセリンの流通が始まる前に媚薬を試してみたいという型は4000円で媚女の雫の購入を強く勧めます!

媚女の雫の詳細を知りたい方はこちら