バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

「精子の量が少ない…」簡単に精子の量を増やす方法

年齢を重ねるにつれて「精子が少ない」なんていう悩みを持っている方は少なくないですよね。
射精したときの精子の量が少ないと、そのあとの賢者タイムが本当に辛くなります。

しかし、実はある栄養素を重点的に摂取するだけで簡単に精子を増やすことができるんです。

精子の量が減った3つの原因

まずはあなたの精子がなぜ減ったのか、原因を考えてみましょう。

加齢

性機能が年齢を重ねるごとに衰えていくのはよくご存知かと思います。
これは精子の生成も同じです。

精子生成のピークは35歳と言われ、そこから減少の一途を辿ります。

日本人男性の精子量は1回の射精で5〜10ccと言われています。
これはだいたい大さじスプーン一杯分。

ここから1年ごとに0.2%~0.9%ずつ下がっていきます。

生活習慣も影響

タバコや酒、不摂生な食事でも精子の生成は難しくなります。

勃起もそうですが、性機能は人間の根源的な仕組み。
そのため様々な機能が正常に働かなければいけません。

これらの不摂生な生活習慣によって精子の量だけでなく、運動量も減ることで子供ができにくい体質になっている可能性もあります。

発毛・育毛剤に注意

性機能の衰え以外に男性のもうひとつの悩みとして薄毛があります。
これは男性ホルモンの影響が原因です。

発毛剤や育毛剤はこの男性ホルモンの働きを抑えることで髪の毛が抜けるのを防いでいます。

しかし精子はまさに男性ホルモンによって生産量が増えます。
そのため発毛剤や育毛剤を利用している方は、精子の量が減りやすくなります。

精子の量を増やすには?

溜めずに出す

2、3日オナニーを我慢したあとの射精でめちゃくちゃドバッと出たなんて経験、男性なら誰にでもあるのではないでしょうか。

確かに射精の期間を置くことで精子の量は増えます。
しかしそれは精子が正常に生成される若い時だけ

生成量が少ない状態では精子はすぐに尿とともに排出されてしまいます。
また精子の寿命も短くなるため、溜まりにくくなります。

それよりも毎日射精することで、生成のサイクルを上げることの方が重要。

毎日欠かさず一度はオナニーで射精するようにしましょう。

毎日の食事を変える

やはり精子の量を増やすのに一番重要なのは食事。
もっと言うなら、摂取する栄養です。

下記に精子の生成を助けてくれる食材を一気にご紹介します。

  • 牡蠣(生)
  • 豚肉(レバー)
  • 牛肉
  • 煮干し
  • たらこ
  • ごま
  • ナッツ
  • 玄米

これらの食材を毎日摂取することで、精子生成をより高めることができます。

もっと簡単に精子を増やすには

精子の量を増やす方法は様々ありますが、生活習慣を変えたり、運動したり、なんていうことはよく言われていること。

とはいえこれまでの生活を一気に改善なんてことはよほど意志が強くない限り無理ですよね。

実はもっと簡単に精子の量を増やす方法があるんです。

精子を楽に増やしたいなら亜鉛を摂取しよう!

精子を格段に増やす方法。
それは亜鉛を摂取することです。

精子を増やす食材を上記でご紹介しましたが、これらはどれも亜鉛を多く含んでいるもの。

精子のほとんどはタンパク質でできており、亜鉛は摂取したタンパク質を体の中で有効活用するために重要な栄養素です。
亜鉛を多く含んだ食材を毎日摂取することにより、精子の生成量だけでなく、運動量も増えるので妊活を考えている方にはとても効果が高くなります。

亜鉛の摂取量の目安

亜鉛の理想摂取量は成人男性で12mg/日と言われています。

亜鉛が最も多く含まれている牡蠣で100gあたり13.2mg。

牡蠣は大きさによりますが大体一個20〜30g。
最低でも毎日4個は摂取しなければならないということ。
あまり現実的ではないですね。

それに次いで亜鉛の量が多いのが牛肉や豚のレバー。
牡蠣より手に入りやすいですが、これも毎日摂取するとなると亜鉛以外の栄養に偏りができてしまいます。

サプリメントで効率的に摂取しよう

亜鉛は摂取しにくい栄養素です。
様々な食材から摂取できるものの、値段の高い食材であったり、カロリーが高いなど、十分な量を摂取するにはハードルが高くなります。

そこでオススメしたいのがサプリメントによる効率的な摂取。

錠剤で飲むことができるので、楽に取り入れることができ、かつ普通の食事を楽しむこともできます。
生活にほとんど影響を及ぼさないので気軽に初めてみてはいかがでしょうか。

オススメは「生牡蠣すっぽん」

スクリーンショット 2016-07-26 17.52.27

「生牡蠣すっぽん」と名前だけ見るとかなり間抜けですよね。
ですが、効果はかなりの折り紙つき。

利用者の評判も良く、ネットでも軒並み高評価。

管理人が実際使ってみたところ、それまでティッシュ1、2枚で十分だった精子が、飲み始めてからそれだけでは溢れてしまい、大惨事を起こしてしまいました。

生牡蠣やすっぽんの亜鉛をはじめ、高麗人参やマカといった素材の成分を配合しているというのもあり、精子の量だけでなく勃起力まで上げることができます。

豊富な栄養素を一度に摂取できるため、体が軽くなったり疲れにくくなるなど、普段の生活にも活力が生まれます。
妊活中の方はもちろん、精子の量を増やしセックスでの精度をさらに上げたいという方にはかなりオススメです。

▼▼詳細はこちら▼▼
生牡蠣すっぽん公式サイトへ

精子の量はすぐに取り戻せる

男性は70歳になっても生殖が可能と言われています。

女性の場合、はじめから卵子の量が決まっており、増えることはありません。
そのため年齢を重ねるにつれて妊娠が難しくなります。

しかし男性の精子は一生作り出すことができます。
もちろん加齢によって精子の量は少なくなりますが、生殖行為自体はできるということ。

「精子の量が少ない」というだけで自信を無くすことなく、とにかくまずは対策をしましょう。
食事改善や運動、また毎日の射精など様々な方法で精子の量は変わります。

特にサプリメントであれば即効性と確実性が見込めます。
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめの記事

40代でもセックスしまくるための4つの習慣

年を重ねるに連れ、精力は衰えるもの。 以前よりもセックスの回数や頻度が減るのは仕方ないですよね。 特に40代は寿命の折り返し地点とも言われ、老いへと向かうターニングポイントでもあります。 にも関わらず40代でセックスを楽しんでいる男女は実は結構増えてきているんです。 そんな年齢の衰え

気持ちいいだけじゃない。セックスに隠された効果とは?

「なぜ、セックスをするのか?」と問われた時、“快楽”とか“子孫繁栄”などを思い浮かべる人が大半です。 認識としてはハズレでは決してないのですが、実はセックスには知られざる効果がもっともっと多数あります。 ここでは、そのメリット(効果)とデメリットについて考察していきます。

「え、そんなところで?!」男子がセックス中に萎えてしまう瞬間3選

女性と男性は一生相容れない生き物。 セックスで一つになっていると思い込んでいても、実は女性からは思いもよらない変な場面で男性は萎えていることがあります。 今回は男性がセックスの途中で萎えてしまう瞬間3つをご紹介。 セックスでの不満はすぐに浮気に直結します。 それを未然に防ぐために

これぞ理想のペニス!女性が求めるペニスのサイズとは

男の勲章、ペニス。 すべからくすべての男性はあそこのサイズを気にしたことがありますよね。 「自分は平均より大きいのか小さいのか」 「女性から見た自分のサイズってどうなの?」 「いま以上に大きくしたい」 などペニスに対する悩みは尽きないもの。 今回は日本人のペニスの平均サイズや女性


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.