バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

若い人でも要注意!中折れの原因と対策

男にとって最も悔しいのが中折れ。
挿れたのにイケないというのはめちゃくちゃきついですよね。
「だったら最初から勃起しない方がまだマシ」くらいに思ったりもします。

主に加齢によって起こる症状なので徐々に衰えていくのは仕方のないことかもしれません。
しかし最近ではまだ性欲満タン現役の20代や30代でも中折れしてしまう人が多くなってきているのです。

比較的若い年代にもかかわらず、なぜ中折れしてしまうのか。
今回は主な中折れの原因を徹底解説!
さらには簡単な改善策もご紹介します。

中折れしてしまうという方だけでなく、最近セックスでの感度が下がっているという方も原因を知ることで事前に中折れを予防しましょう
ぜひ参考にしてみてください。

中折れとは

中折れはEDの症状の一つ

中折れとは、簡単に言えばセックスの最中に勃起が萎える、あるいはいつまで経ってもイケないという状態を指します。
EDの症状の一つといわれており、放っておくと全く勃たないという状態になってしまいます。

加齢によって中折れの頻度は増える

こんなことを言ってしまうと元も子もありませんが、加齢による性機能の衰えはある種仕方のないこと。

性機能の衰えは、老化によって血管が硬くなることで引き起こされます
勃起をしてもペニスに十分な血液が循環せず維持ができなくなってしまい、中折れという症状が出てしまうのです。

20代・30代でも中折れは起こる

中折れというと40代半ば頃から頻繁に起こると言われています。
しかし実はいま30代、さらには20代でも中折れしてしまう人が急増しているんです。

仕事でのストレスや人間関係での悩み、それに伴う身体機能の衰えなどその原因は様々。
若い人だからこそセックスの悩みに関して傷つきやすく、特に精神的な理由で中折れの症状が出てしまうことが多いようです。

服用している薬による影響も

これは少し特殊な状況かもしれません。

抗うつ剤や睡眠薬などの神経に作用する薬、あるいは病気を抱えているなどで血圧を抑えるため降圧剤を飲んでいるという方はEDになりやすいです。

性的刺激を受けると、通常脳から「勃起しろ」という指令が出ます。
しかし神経系の薬を飲んでいる場合、神経の働きが抑えられ、十分な伝達ができず、勃起しにくくなることがあります。
また降圧剤を飲んでいるという方は、血流が悪くなっているため勃起に必要な血液の量が足りず、十分な勃ちができなくなってしまうのです。

これ以外にも様々な薬がEDとの関連性を指摘されています。
何らかの薬を服用しているという方は主治医に相談してみるのがいいでしょう。

勃起したとしても射精できなければED

pixta_21586607_M
中折れは勃起に関しては問題ないのがまた厄介なところ。

中折れが続いていても、
「やろうと思えばやれる」
「今日は疲れているだけだ」
と楽観的に考えてしまって、何の対策もしない人が多くいます。

しかしEDとは「勃起ができない」というものではなく、「満足なセックスができない状態」のことを言います。
勃起はできても、射精ができない、という場合は、それはEDということ。

年齢を重ねた人ほど一種の「あきらめ」を覚えているので、早々にEDだと判断し治療や対策に踏み切ることが多いのですが、若い年齢の人は特に「疲れている」などの言い訳をして放っておくことが多く、いつのまにか「全く勃たなくなっていた」なんてこともあります

また若いからこそ「イケない」ことに対してプレッシャーを感じてしまい、一度経験してしまうと自信を無くし、中折れを繰り返すという悪循環に陥ることも。

一度でも中折れしたことがある方は、対策を講じる必要があります。
すぐに実践しましょう。

【EDについてもっと知りたい方はこちら】
いつまで他人事?成人男性3人に1人が抱えているEDの原因3つ

中折れしないための3つの対策

ストレス解消を兼ねて運動する

20代であれば、社会に出始めの年齢。
また30代だと、役職も上がり、任される仕事も増えてより責任感が増す年齢。
慣れない環境に身を置くことで悩みごとが増えたり、あるいは落ち込むことも多くなりますよね。

どの年代であっても必ずストレスは抱えているもの。
しかしこのストレスが度を越すと、すぐに勃起に影響します。

性欲や勃起に欠かせないのが男性ホルモン
この男性ホルモンは年齢を重ねていくごとに減少していくほか、ストレスが増すことでも分泌されなくなります

特に30代は仕事のストレスによって男性ホルモンの減少が激しく、定年退職した60代よりも少ない人が多いという統計結果もあるほど。

こうした激しいストレスにさらされることで、勃起あるいはその維持がしにくくなり、中折れしてしまうのです。

このストレスを解消するのに最も効果的なのが、運動すること
特に下半身を動かすのがオススメ!

下半身を鍛えることで、勃起の際ペニスの根元を締め付け血液の流出を防ぐ骨盤底筋群が発達し、勃起力の向上につながります

スクワットなどが一番効果的ですが、歩くだけでもこうしたストレスは解消され、かつ力強い勃起力も手に入り、一石二鳥!
エスカレーターではなく階段を使うなど、生活の中でちょっとしたところを意識することから始めてみてはいかがでしょうか。

オナニーの方法を変える

中折れは基本的に勃起するので、オナニーでの射精ができます。
セックスでイケず不完全燃焼で終わった代わりに、オナニーで余った性欲を解消している人は多いのではないでしょうか。

一見EDや中折れを悪化させることのように見えますが、実はEDの対策にもなるのでむしろオススメです。

しかし一方で間違った方法でオナニーをしている場合は逆効果になってしまうのです。

例えば床オナや皮オナ、足ピンオナニー、あるいは手で過度な刺激を与えるといったオナニーは、セックスでは得られない快感をペニスに与えてしまい、実際に女性の膣に挿入しても感触が得られにくくなります。
身体がオナニーでの刺激に慣れることでペニスの感度が悪くなり、結果中折れしてしまうのです。

またAVなどの刺激の強いものをおかずにオナニーをしすぎると、実際のセックスでの刺激が減り、中折れの原因となることも。

とはいえこれまでずっとやってきたオナニーの方法を急に変えるのはなかなか難しいことですよね。
そんなあなたにオススメなのがオナホールを使うこと。

オナホールは形状を女性器に寄せているため、女性の膣に入れたときと同じような感触を味わうことができます。
しかもそれでイケたときの快感度は比べものにならないほど気持ちいいのです!

自分の手でしごくのは我慢して、オナホールを使って快感を覚えるまで続けましょう

地道な作業ですが、こうした対策を練れば若い方であればすぐに中折れは解消できます!

【中折れ改善にオススメのオナホールはこちら】
PREMIUM TENGA SOFT(プレミアムテンガソフト)
PREMIUM TENGA SOFT(プレミアムテンガソフト)

疲労回復のための食事を心がける

中折れは体力的な面で起こることもあります。

「やる気が出ない」「維持できない」というような疲労感を回復するのに、最も効果的なのは摂取するもの。

精力増強に効くと言われている牡蠣やにんにく、ゴマなどの食材を意識して摂ることも重要ですが、1日3回食事をすることが特に大切。
バランスよく食材を摂ることで、自然と身体が改善していきます。

精力剤で勃起のための栄養補給を

早く改善したいという方は精力剤を服用するのもオススメです。

普段の食事では摂取しづらいアミノ酸を補うことができ、精力増強や勃起力を向上。
また飲み続ければ身体の仕組みそのものを改善してくれるので、精力や勃起だけでなく疲れにくい身体を手にいれることができます。

精神面はもちろん別のケアが必要です。
しかし身体に関していえば、しっかりと栄養を摂るだけで回復させられます。

まず身体の機能を改善し、体力、食欲、そして性欲を回復させ、あなたの男としての自信を取り戻しましょう!

ED治療薬に頼るにはまだ早い

中折れの対策としてバイアグラやシアリス、レビトラといった勃起薬で改善すれば良いと思っている方もいらっしゃいますよね。

たしかに中折れは紛れもないEDの症状。
しかし勃起薬はあくまで勃起という現象を薬の作用によって手助けするもの
確かに飲めば勃起はできるようになりますが、根本的な中折れの原因を解決することはできません。

そのためセックスする度に飲まなければならず、それに慣れてしまうと自力で勃起できない体になってしまいます

またこれらの勃起薬は医薬品のため、服用の度に医師の診察を受け処方箋をもらわなければいけません
さらに健康保険の適用ができず全額自己負担のため、かなり高額になってしまいます。

いちいちそんな費用をかけるよりも、ストレスを解消するために運動をしたり、あるいはサプリメントを飲むなど、あなたの生活習慣を少し変えてみることをオススメします

まとめ

Happy woman looking at nude sexy man

中折れはEDの症状の一つであるとともに、本格的にEDに体が向かっているという重要なサイン。

もちろん本当に疲労や、気持ちが乗らないといった場合もあるかもしれません。
しかし短期間に1度のみならず2度あるという場合、それは確実にEDへの前兆。

若い年齢であればあるほど性機能の回復は早く、また40代以上の方でも中折れの症状のみあればすぐに克服できます。

またストレスが原因であることが多いので、リラックスした状態で臨むことであっさりと治っていることもあります。

勃起薬に頼るのは最終手段
まずは生活を見直し、中折れになってしまう根本的な原因を解消することに徹しましょう

【あなたにおすすめの記事】

この記事を読んだ人におすすめの記事

最速でEDを改善するために改めるべき4つの生活習慣

生活習慣病の一種とも言われ、成人男性の4人に1人が発症しているED。 勃起しないことによって自信を喪失し、仕事での失敗が増えたり人間関係がうまくいかなくなるなど、普段の生活にも支障をきたしてしまうことも。 精神的にも不安定になるなど、EDはあなたが考えているよりずっと深刻な障害なのです。

気持ちいいだけじゃない。セックスに隠された効果とは?

「なぜ、セックスをするのか?」と問われた時、“快楽”とか“子孫繁栄”などを思い浮かべる人が大半です。 認識としてはハズレでは決してないのですが、実はセックスには知られざる効果がもっともっと多数あります。 ここでは、そのメリット(効果)とデメリットについて考察していきます。

SEXの経験人数の平均ってどれぐらい?男女年齢別から思ったコト!

ところで、あなたは恋愛に関しては奥手ですか? それとも「俺は1000人斬だぜ!」とか、どっちかといえば経験豊富な方でしょうか? 本日はいずれにしても知っておいて損のない、ハナシをしたいと思います。 それのハナシとは、SEXの経験人数の平均ってどれぐらいなの?という話です。 ただ、

「精子の量が少ない…」簡単に精子の量を増やす方法

年齢を重ねるにつれて「精子が少ない」なんていう悩みを持っている方は少なくないですよね。 射精したときの精子の量が少ないと、そのあとの賢者タイムが本当に辛くなります。 しかし、実はある栄養素を重点的に摂取するだけで簡単に精子を増やすことができるんです。 精子の量が減った3つの原因


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.