警察官と結婚!めでたい?面倒くさい?まとめてみた。

いきなりですが、警察官って素敵ですよね。

正義感あふれていて、国民を悪から守ってくれるし、自己犠牲の精神もすごいし、頭もいいイメージ!

そんな警察官と結婚なんてできたら、収入も安定してて、家族もしっかり守ってくれるし頼もしいし、素敵な家庭を築けそう!

なんて思ったりする女性も世の中には多いのではないでしょうか。

…本当にそうでしょうか?

確かにイメージや聞いている印象はとても華やかでカッコいいですが、実際結婚となるとイメージとは違うかも・・

今回は警察官との結婚の闇!とは言いませんが、裏側やデメリットにフォーカスを当ててご紹介していこうと思います。

もしかしたらショッキングな内容もある”かも”しれないので心して見てくださいませ。

実録!警察婚活デメリット

・ウワサで聞く身辺調査の実態

・警察官には守秘義務が固く置かれている

・休みが安定してないので合わせづらい

ウワサで聞く身辺調査の実態

噂話ですが、警察官と結婚だけではなくお付き合いするにあたってもお相手の身辺調査があるっていう話聞いた人も少なくはないと思います。
結論から言いましょう。

身辺調査はあります。

警察官は、お付き合いを始める際に警察に「交際のための申告書」を提出しなければならないのです。
その申告書には、交際する相手の

・氏名
・住所
・職場
・家族の氏名
・家族の職場

を記載しなければなりません。

いわば、交際相手の家庭環境やその周辺などをくまなく調査されてしまうワケです。
必要なことだとわかっているけど、やっぱり少し抵抗はありますよね。

では上記以外でどういったことを調べるのでしょうか?

3親等以内に暴力団員や前科者、特定の政治団体や宗教団体との関りがあるか

警察官は公務員であり、国を守るという重大な使命がありますので、その彼女や妻になり得る相手に対してはこのようなところがチェックされます。
反社会勢力やカルト集団などに親戚が加担しているのかも調査されるようです。

多きなお金を借りていないか

消費者金融で多額の借金をしていたり、金遣いが荒かったりすると、交際自体がアウトになる可能性が高くなるそうです。
自動車ローンや住宅ローンを問題ないみたいです。

勤務先・交友関係は大丈夫か

上記もチェック対象です。
お相手が在日の方だとチェックや指導があることもあるそうです。
特に気になるのは守秘義務もありますが、過去に水商売や風俗などやっていたかどうかもチェックされるようです。
守秘義務はありますが、人間に必ずはないので、隠していた事実が彼氏や旦那に露呈してしまうのはちょっといただけませんね。

警察官には守秘義務が固く置かれている

もちろん警察は、国を守るだけではなく犯罪から人々を守るという重大な任務がありますよね。
その中には、要注意人物への警戒・あまり口外できない任務などもあります。
そこには必ず守秘義務がありますので、例え交際相手だろうが奥さんだろうが絶対に言えない内容なのです。

もちろん、これ自体に警察官と結婚するにあたって直接デメリットにはなりませんが、
感がいい女性や、隠し事されていると敏感になる女性にとっては不安要素やストレスになるかもしれません。

また夜が遅かったり、泊りで朝帰りだったとしても「事件の捜査」としか言えないそうで、やましいことしてるかも?と心配性の女性にとっては大きな悩みになり兼ねないかもしれません。

休みが安定してないので合わせづらい

普通のサラリーマンであったら週休2日であったり、シフト制で好きな時に休みを取得できるなど休みが確約している勤務体系だと思います。

交番勤務であればそういった休日の取り方が基本なのですが、それでも徹夜勤務があったり、週によって平日が休みだったり休日通り休みだったり不規則なのだそうです。

特に刑事課となるともっと大変で、基本的に休みの指定は自分の思った通りにできるのですが、大きな事件や事故が起きた場合その休日は一瞬にして犯人逮捕へ犠牲となってしまうので、休日が「確実にとれる」ということではないのです。

なので、警察官と結婚・交際する相手にとって休みが合わないというのは、結構寂しくなってしまうポイントであったり、会えないことによるストレスで破局してしまうという悩みの種もあります。

警察官と結婚するとなると、自分だけの時間ではなく子供や家族の時間も関わってくるので、子供の運動会や発表会など見に行くことも困難になったり、子供たちにも寂しい思いをさせてしまうケースもあります。

実際にそういったことが原因で離婚してしまった夫婦もいるそうです。
仕事に熱中していることはとても大事なことですが、家族の時間もとても大切ですからね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は警察官と結婚する際のデメリットや不安要素を書いていきましたが、もちろん警察官と結婚する際のメリットもあるのも事実です。
今回の記事で、警察官と結婚するのはよくない!悪いことだ!
と言いたいのではなく、そういったデメリットや不安要素をしってもなお、国や国民を守る他にない勇敢でかっこよく素敵な職業である警察官と結婚する覚悟ができるかというところを伝えたかったのです

最後に、警察官と結婚する際の近道として、現役警察官も使用しているマッチングアプリをご紹介していきたいと思います。
なかなか普段では近づけない警察官にも、アプリ内であれば気軽に連絡を取ることも容易いので、ぜひ警察官と結婚したい方は試しに使ってみてください!