バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

派遣社員と結婚は厳しい?デメリットと考えるべき事

会社は常に、正社員、契約社員、派遣社員で大抵成り立っています。

その中で派遣社員は保証がなく企業との契約切れやリストラの対象にも一番に上がる、少し不安定な形態といえるでしょう。

そのような人との結婚は少し躊躇しても仕方がありません。これを機にしっかり現実を見つめ、心構えをしておきましょう。

この記事では派遣社員と結婚するメリットデメリットや心構えについて考えます。

派遣社員の彼と結婚する前に考えること

女性にキスされる男性の顔アップ
派遣法において、一企業で働ける期間は最長3年です。

その後正規採用になれれば言うことないですがその可能性はそんなに高くありません。
次の派遣先がすぐに決まれば幸運ですが、採用条件が変わったり、給与の変動などで融通を効かさなければなりません。

不安定職種という印象が拭えないのも仕方がないのかもしれません。

派遣社員と結婚するメリット

派遣社員とのの彼との結婚というと必ずしもマイナスばかりでもありません。

ネガティブなイメージを持たれやすい枠組みですか少し考え方を変えると見えないものが見えてくるかもしれません。

時間に余裕があるので家事や育児を一緒にできる

家族
最近は男性も育児にという風潮が濃くなってきました。
それで、育児や養育を奥さんに協力しやすいかもしれません。

派遣社員には一定期間の雇用期間で合意のもと仕事の区切りをつけることができるので、出産や子供との旅行のためまとまった休みをとってスケジュールにメリハリをつけることもできます。

また、企業にもよりますがあまり残業もないので、定時退社で家族との時間を取り分けやすいなど
ライフスタイルに合わせて契約を決めることができるのは利点といえるでしょう。

派遣社員のデメリット


デメリットについても現実的に考えましょう。
金銭的な不安や感情の不安は将来の結婚生活の夫婦の中で喧嘩、破綻する要因になってくる要素だからです。

知らなかったとなる前に、デメリットについてもよく考えそれでも、やっていけるか考えるのは助けになるでしょう。

収入が不安定

一定期間の契約期間で仕事をするので次も必ずしも同じ条件とはわかりません。

ですので、毎年の年収にも誤差があります。昇給もないので同じ企業勤めている間に収入が上がることはまずありません。

ボーナスが出ないのも派遣社員としていたいところ。

ボーナスは一年に2度、旅行に行ったり欲しかった大物を買ったり、まとまった貯金ができるので大助かりです。
でも、派遣の給料は企業からの支払いではないため、企業からの賞与やサービスは基本的にありません。

ですので、ボーナス払いなどが含まれたローンを組むと大変なことになりますし、夏休み、年末年始の旅行なども難しいでしょう。

雇用が不安定

短期間の比較的良い給料で働き、契約終了後、また違う環境で働いていくというサイクルは適応能力が自然と身につき、知識や技術も増し加わります。

それでも、辛い場所で困難にも対処して仕事を乗り切るというバイタリティが養われにくいのが、派遣として仕事をしていくデメリットかもしれません。

周囲からの目

まだまだ、非正規雇用者について理解が少ないのも現実で、派遣社員の彼と聞くと安定している職種という印象が持てないのも、周囲の目が気になるところといえます。

また、何十年もたって周りの友だちは管理職や割のいい給料で悠々自適に過ごしてる中、一向に安定してない仕事の旦那さんは奥さんにとっては少し悲しいものです。

また、企業側としても派遣社員は企業から直接採用されているのではなく、企業と派遣契約している派遣会社に雇われたのであって企業にとっては言ってみれば「手伝いに来ているお客さん」という認識が強いのが現実です。

派遣社員と結婚する時の心構え

ひらめいた
派遣社員の彼との結婚は色々と気苦労があることはわかりました。

それでも、彼と結婚することを決意するならば妻にはそれなりの覚悟と心構えが必要です。
それを考えることによって夫を支える準備ができるかもしれません。

安定や安心は求めない

考えてきたように、収入に変動があったり、雇用が不安定なのでいつどこで谷が訪れるかわからない危機感を持ちながら生活をしていくのは決して安定や安心した生活を送れるとは言えないでしょう。

ですので、いつでも身構えて谷が来る前の収入がある間に貯蓄を増やしたり、何かあった時にはいくらか乗りきれるような金銭管理が必要でしょう。

肩書や収入にこだわらない

派遣社員に肩書きがつくことはまずありません。
収入も毎年変動がありますし、賞与ももらえない場合がほとんどなので他の人と比べるのではなくもらった中で上手くやりくりし、ボーナス時期に羨ましさを感じたりしない心構えが必要です。

収入が少なければ自分が稼ぐ覚悟を持つ

やはり、派遣社員の夫を持つ妻としての最大のストレスは、いつ仕事がなくなるかわからない非常に不安定というところです。

奥さんも共に共働きとして家計を支えている間は良いかもしれませんが、妊娠、出産、子育てなど奥さんも仕事が出来ず、出費はかさむ間は気苦労も絶えません。

ましてや、そんな状況のなかいきなり契約を切られることもなしにありません。そんなことになったら!と考えるだけでヒヤヒヤしますよね。

ですので、何かあった場合は自分が稼いで養うくらいの覚悟が必要ですし、前述でも述べたような何かあった時の蓄えは必要です。

周囲の派遣社員に対する目や声に明るく対応する

他の人の目やコメントに感情を揺さぶられないよう注意が必要です。

何も知らない上心無い一言を言う人もいるかもしれません。
それでも、ネガティブになって派遣社員である夫にあたっては元も子もありません。

彼の状況や感情を一番理解しているのは妻ですし、感情をかき乱されないよう誠実に対応しましょう。

結婚は一生に一度のことだからこそよく考えて

グッドポーズの男性
今一度考えましょう。派遣社員にとどまる最大の理由はなんでしょうか?なにか真剣に取り組んでいることの副収入としてですか?

それとも、ただ、責任という企業の枠組みに縛られたくない面倒くさがりですか?

そのような面倒なことから逃げる男性は果たして妻と子どもを将来何があっても守っていける甲斐性はあるのでしょうか?

何か辛い現実、困難、問題にぶつかったとき、心配せず俺についてこいと胸を張って言ってくれますか?

重大な決定を下す前にしっかり時間をとって考えましょう。感情的に決定しないように、一歩引いて自分を第三者の目で見るのも良い手かもしれません。

派遣社員の現実は厳しい

確かに、女性の中には貧乏も苦にならない、簡素な生活でいいという女性ももちろんいらっしゃいます。

でも、経済力と生活力は違うのです。
経済力とは年収がいいとか良く働いて良く稼ぐ能力。あればいいに越したことはありませんが、必要なのは生活力。社会的に生活していくエネルギーや姿勢です。

これがあれば経済力の向上を願うようになりますし、たとえ、収入が少なくても、工夫したり、あるもので満足できるよう妻と子ども支えてくれます。

でも、これがない男性を夫にした妻の状況は本当に難しいものです。
生活力のある男性は決して物事を投げ出しません。生きるためにお金を稼ごう、働こうという意識になります。

一方、生活力のない男性はすぐに人に頼ってしまいます。誰かが助けてくれると心の奥底で考えて自分でお金を稼ごう、乗り切ろうとはしません。そんな生活力のない人を旦那さんにしたいですか?

今一度、自分の彼が派遣社員でいる理由について考えてみましょう。
もし、後者なら将来気苦労が絶えない現実が待っているかもしれません。現実は思っているより厳しいものです。

今だけではなく、未来を考える

結婚は夢物語ではなく現実であり、日常です。

今は、それでもいいとなんとかなると思っていても現実は思ったようにうまくいかない場合がほとんどです。

結婚した後、3ヶ月後、半年後、一年後、5年後、10年後、子どもが出来たら?双方どちらかの親に介護などの必要が生じたら?いろんな視野で物事を見て今だけでなく将来の2人のまた、家族の将来を考えて決定していくのは大切なことです。

まとめ

いかがでしたか?

恋愛と違って結婚は重大な決定。
恋愛中は見えてなかった現実も結婚して急に現実を突きつけられ破綻するってケースも残念ながらあるので、そうならないためにもしっかり考えましょう。

現実を見据えて将来を考えられる女性こそが真に賢い女性なのです。
しっかりと考えて自分にも将来の子どものためにも良い決定を下しましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

結婚は年収で決める?女性が希望する年収500万は高望みなのか

結婚相手の条件に年収を重視する女性はたくさんいることでしょう。 お金が全てではないですが、お金があるに越したことはないですし、豊かな生活を送るにはどうしたって必要になってきます。 しかし、あまりに常識外れな額を希望していると、高望みをしていると男性に敬遠されてしまいます。 女性が希

婚活看護師が結婚するには?先輩看護師の出会い体験を聞いてみよう

テレビドラマでも華やかな世界に取り上げられ、男性の結婚したい女性の職業ランキングでは 常に上位にランクインする職業なのに、未婚率が非常に高い「看護師」 そんな看護師が少しでも早く結婚して幸せになるにはどのようにするか 先輩看護師の経験談を元に考えてみたいと思います。 温故知新!先輩看

結婚前のセックスがNGな女性におすすめの婚活サービスは?

婚活を始めて男性と親睦を重ねることで頭によぎるのが、体の関係になります。 もちろん結婚を前提に交際しているなら問題はないですが、まだカップルにもなっていない状況でワンナイトラブを経験することになると、後々面倒なことになるケースがあります。 若い頃に恋人としてするセックスと婚活中にするセッ

婚活難民になる前に!20代こそ参加すべき婚活パーティー

20代のあなた!20代のうちにこの記事を読めてよかったですね。 婚活において、一番の武器は若さです。武器を生かせるうちに婚活パーティーにどんどん参加して損な事など一つもありません。 20代となると、周囲の友達の結婚をきっかけに、そろそろ婚活を始めないと、と焦り始めたり・・・。 婚活


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.