冬なのに脇汗がひどい?冬に気を付けたい脇汗対策とニオイ対策の方法

冬の寒い季節なのに、脇汗が気になると悩んでいる方もいるでしょう。

どうして自分だけこんなに脇汗をかくんだ、と思いますよね。私自身も夏はもちろんのこと冬でも汗をよくかいておりました。

しかも、ワキガのせいで上着を脱ぐとモワッと臭いまで気になる。。。これは最悪だ。

そのため冬に汗をかかないように原因をいろいろと考えてみました。

すると、その場の環境やシチュエーションによって汗をよくかく場所や時間って決まってるんですよね。

しかも冬の脇汗は夏よりも臭い、そんな気がしませんか?

冬に気になる汗をなんとかしたい、という方にその原因や対策を徹底解説していきます。

冬に脇汗をかきやすいシチュエーションはこれ

厚着で暖房のきいたところ

私自身一番困ったのが通学や通勤時の電車内です。

外は寒いからしっかり傍観してきたのに、電車内が暖房や人込みでいやに暑くてすごく汗をかいてしまいました。

上着を脱いでも中で重ね着しているため、じっとりと汗をかいていまいます。

寒い所から暖かい所への移動

寒い場所から暖かいところへ移動したとき。冬場でとくに汗をかくのはこの場面じゃないでしょうか。

冬は体温を下げないために基礎代謝機能が夏に比べ、高くなるので汗をかきやすくなります。
そのため暖かいところに行って体を動かすと汗をかきやすくなるのです。

精神的発汗

さらに、精神的な問題もあって、寒いところから暑いところに行くと、「汗をかくかもしれない」という心理的作用から、汗が気になってしまい余計発汗してしまうというもの。

これを精神的発汗といい、緊張で交感神経が活発になることによってヒートアップした熱を逃がすために汗をかいてしまいます。

汗をかきたくないと思うことで余計に汗をかくという悪循環も起こりやすいです。

熱いもの、辛いものを食べたとき

冬の寒くなった季節には、鍋やおでん、ラーメンなどの熱いものや辛い食べ物を食べたくなりますよね。

そういったものを食べているときは、当然汗をかきやすい環境になっているので気づかない間に顔だけじゃなく体全体汗が流れているでしょう。

冬の脇汗が臭い原因

通気性の悪い厚着

冬はたくさん着込んでいることが多いので、汗をかいても逃げ道がありません。

汗も臭いもこもってしまうので、それが外に出ると一気に臭いが放出されてしまいます。

また冬場は周囲も汗をかいていないぶん自分の汗の臭いが気になりやすくなります。

インナーの素材がよくない

またインナーにも問題があるかもしれません。

冬場はヒートテックをはじめとする保温効果の高いインナーを着ることも多いかもしれませんが、ポリエステルなど化学繊維100%の素材では吸水性に劣るため、汗の成分がそのまま残って雑菌が繁殖しやすくなります。

そういったインナーの素材が臭いの原因になっている場合もあります。

冬用の消臭効果の高く、保温効果のあるインナーなども売っているところがあるのでそれを着ることをおすすめします。

水分不足

冬場は夏に比べて水分の摂取量が減りがちです。

水分をとらないぶん汗も出にくいのでは?と思ってしまいますが、実は冬の汗臭さの原因はそこでもあるのです。

水分の少ない分、体内の老廃物や成分の凝縮した汗が放出され、それは当然夏の汗に比べベタッとして臭いも強いです。

さらにこれがこもった服の中で雑菌を繁殖させやすく、さらに臭いを強くしてしまうのです。

汗腺が衰える

夏の汗はさらさらとしていて冬場はベタッとしていませんか?

汗をかく量が減ると、次第にベタッとして臭くなってしまいます。

冬の脇汗の臭いを抑える方法

日ごろから適度に汗をかく

日ごろから汗をかいておくことで、冬でもさらさらとした汗が出て、臭いを軽減できます。

そのためできれば運動や、お風呂の半身浴でも定期的にしっかり汗をかくようにするといいでしょう。

定期的に脇汗を拭きとる

こもった汗は雑菌を繁殖させるので、汗をかいたなと思ったらこまめにトイレなどで汗ふきシートやタオルをつかって汗をふきとるようにしましょう。

ふき取った後には脇汗用のデオドラント剤(クリームタイプやロールオンタイプのもの)をつけるとさらに臭いを抑えられます。

水分補給

先ほども述べたように、水分不足は臭いの原因にもなります。

冬でもこまめに水分をとることを意識しましょう。

食生活の改善

食生活も見直しましょう。冬はただでさえ基礎代謝が高く汗をかきやすいので、あまり熱量産生しない食事を心がけます。たんぱく質は糖質の5倍も熱になり汗をかきやすくしますのでひかえてみるといいです。