今年の夏はプールでナンパ!成功率を上げるテクニックを解説します。

ナンパスポットっていろいろありますよね。
ストリート、クラブ、ゲーセン、店内…

ナンパするなら正直どのスポットでもよいと思いますし、自分の得意なフィールドを見つけるべきです。
しかし、季節限定のナンパスポットは特におすすめです。
 
たとえば海ナンパとかね。
夏の海にはたくさんの美女がウヨウヨしているのでナンパ大好きな男性にはうってつけです。

海まで行きたくない!
日焼けをするのが嫌だ!

という美意識の高い男性はプールでナンパしてみるというもおすすめです。

2017年の夏はもうじき始まります。
去年末のクリスマスを寂しく過ごした人は、今年の夏こそプールで「彼女を作る!」「セフレを作る!」という目標を立てるのも全然オーケーです。

「だけど、泳ぎはあんまり得意ではないんですけど…」

そんなの関係ないです。
プールでのナンパは泳げなくても全然いいんです。

そこで、今回はプールでナンパを成功させるにはどうすればよいのか?
それについていくつかポイントがありますので、詳しくお話ししたいと思います。

プールナンパを成功させるにはプール選びから

実は、プールナンパをするに適しているプール、適していないプールというものがあります。

僕はこれが一番重要なところだと考えていますが、無駄なく骨折り損することなくナンパを成功を収めるには、まずはプール選びのコツを理解する必要があります。

1.市民プールはダメ?

基本的に区民プール、市民プール、町民プール、村民プールなど地方公共団体が運営しているプールはおすすめしません。
なぜなら子供がたくさんいるからです。

夏の区民プールに行ってみるとわかりますが、自由遊泳のところは浮き輪を抱いた小学生がたくさんいてナンパどころではありません。

では、真剣に泳ぎたい人向けの競泳コースはどうか?
これも微妙です。

泳いでいると思ったらおっさんが途中で疲れて歩き始めるとか。
横の自由遊泳のところから突然子供が飛び出してきたりとか。

まあ、そもそも、競泳コースでナンパするという考え自体がナンセンスですけれどもとにかく、夏の市民プールは真剣に泳ぐにしても、ナンパ目的で行くにしても絶対にオススメはできません。

2.ナイトプールは美女が多い

  • ホテルについているナイトプール
  • 客船にあるナイトプール
  • ナイトプールでのイベントでお酒を飲む
  • ナイトプールで行われるパーティー

そうなると参加している女性にはアルコールが振る舞われますのでエッチな気分になりやすい。

水着を着た美女がうようよいるので、ナンパできるならナイトプールはありかもしれません。
ただ、ナイトプールの攻略はそんなに簡単ではありません。
モデル、OL、女子大生などのレベルの高い女性が多くいますが、そういった場所ではライバルも多いです。

特に、モデルばかり集まっているようなイベントだと、彼女たちの目的は金持ち狙いなので、凄腕ナンパ師でも相手にされないことはおおくあります。

少しハードルを下げて一般女性が集まるところであればまだ可能性はあるので、イベントのときを外してホテルのナイトプールに入ってみてはいかがでしょうか?

観光客が大量にいるのはマイナスなので、時期をちょっとずらしてみましょう。
そこにいる少ない女性を狙うだけでもナンパの成功率は高くなるはずです。

3.テーマパーク型のプール

一番ナンパを成功させやすいプールといえば、テレビコマーシャルでも放送されているようなテーマパーク型のプールでしょうね。
たとえば、福島県いわき市にあるハワイアンランドや、東京都あきる野市にある東京サマーランド。

こういうプールがおすすめです。
ただ、夏休みになると子供連れの家族がたくさん訪れます。

僕の経験上の話になりますが、ハワイアンランドに行ったときにイモ洗い工場のように、人が大量にプールを歩いているという最悪な光景がトラウマのように脳裏に焼き付いています。

まさに満員電車に近い状況です。
これではナンパもくそもありませんので、ナイトプールと同じように時期をずらします。

旅行の季節や真夏ではなく、夏休みが終わったころの土日がねらい目です。
その時期ですと、地元の女友だち同士で遊びに来ていることが多いのです。
ただし、一人で来ることはまずないでしょうから、ナンパするなら2×2で挑んでいきましょう。

第一印象は大事です。

プールや海ナンパでの大事な第一印象はスッキリとしたボディーです。
たるんだ肉体では第一印象的にはマイナスです。

路上ナンパであれば服を着ますからある程度なら体型をごまかすことができますが、メタボの腹でスタイル抜群の女子に挑んでも成功率は下がります。

別に、マッチョで腹がバキバキに割れていなくてもよいのです。
ある程度スッキリとしたボディーであれば第一印象で「ないな。」と思われることもないでしょうから、このような露出をする場所でのナンパは、ある程度自分のカラダがどうなのか、考える必要があります。

まあ、複数人でナンパを仕掛ける場合は切り込み隊長がいい体をしていれば問題ないので、仲間次第で十分可能です。

プールナンパにて声の掛けるタイミング

1.プールの外でナンパする

多少太っていてもプールの外であれば服を着ますから、第一印象で不快な思いをさせることもないでしょう。
逆にプールの外で声をかけて仲良くなって、そのまま一緒にプールに行けば成功率も上がります。

しかも、やり方は簡単です。

プールの近辺をうろうろして、

あなた:「すいません。ちょっといいですか?」
女性:「はい」
あなた:「○○というプールを探しているんですけどどこにあるかわかりますか?」

と、このプロセスで道を尋ねるのです。
そこで、プールに行く女性が現れれば一緒に行くことができます。

もちろん、行く途中でどういうトークをするのか?ここも重要なポイントになりますが、プールの中でナンパするよりは難易度はかなり低いのではないかと思いますね。

2.プールの中でナンパする

肉体に自信があるならプールの中でのナンパはおすすめです。
顔がイケメンではなくても目立つのは体ですから、鍛えている人やアスリートであれば自信をもって挑みましょう。
声の掛け方もテキトーでいいんです。

ナンパの方法はいろいろなやり方がありますが、暇そうにしている女性に「その水着知ってますよ。○○ってブランドですよね。すいません。姉が同じものを持っているのでついつい声をかけてしまいました。」とか、

「そのネックレス○○ですよね。以前ティファニーで仕事してたんでわかります。」など、突然声をかけて話を広げる作戦でもよいです。

暇そうにしている女子なら数打てば結構いけます。
先ほどのように道を聞くというやり方でもよいでしょう。

プールでナンパするなんてめんどくさい!っていう人は「出会える」出会い系サイトを下にまとめておきましたので興味がありましたらどうぞ。

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事