彼女ができない男の特徴と7つの理由について解説します。

これだけ出会いの場がたくさんあるのに「どうして俺は彼女ができないんだ!」「社会人になると出会いがないから諦めるわ。」「もう俺は一人で気楽に生きるわ。」などすでに彼女を作ることに対してあきらめムードの人も多いのではないでしょうか?

これだけならまだよいのですが、お悩み掲示板を巡回していたら「彼女ができないです。死にたいです。」といった悩みも出てくるぐらいで深刻に悩んでいる人にとっては本当に深刻な話しなんです。

また、後で解説しますが「彼女ができないから死にたいです。」とかっている段階ではおそらくですが一生彼女はできないでしょう。そこで、今回は「彼女を作りたいけどなかなかできない。」「どうしても出会いがない。」と恋愛について悩んでいる人のために、なぜ彼女ができなのか?これについてお話ししたいと思います。

彼女ができない男の7つの共通点とは?

さて、それでは彼女ができる男性と彼女ができない男性というのはいったい何が違のでしょうか?正直な話し、ちょっとしたことを直すだけで彼女ができる生活習慣を送ることができます。それについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

1.出会いがないと言い訳しているだけ

「出会いがない!」「社会人になると出会いがないんですよ。」「フリーターだけど出会いはないんですよね。」なとどいう人達はいますが、正直出会いがないなんてことはほとんど考えられない話しです。

まず、自分の家の前の道路を1時間程度歩いてみてください。女性に会わないということはなかなかないでしょう。「いや、俺の家は人口1000人以下の市町村だから会えないよ。」「俺の家は小笠原諸島だからね。」

という人なら自分の家の前を歩いていたところで女性には会えないかもしれません。そういう意味では人と出会うにも大都市に住んでいるほうが有利ですね。ただ、村や島に住んでいるからといって女性に会えないこともないはずです。

では、その村、その島に住んでいるのはあなただけですか?少なからず女性はいるはずです。僕の実家も合併して市になりましたがど田舎っです。だけど、友達は20歳で結婚して子供も生まれてますよ。

なので、会えないと言い訳をする前に、出会いアプリを使ってみるとか、婚活パーティーに参加してみるとか、ナンパにチャレンジしてみるとかなんかしらアクションを起こすということが出会いを作ることで重要になるのです。

「出会いえない」と嘆いている人はほとんどが大したことはしていないです。出会いに積極的になっている人は基本的にプラス思考になるのでそこでそんなには嘆かないはず。というわけで、出会えないというのは思い込みであり、そんなことはないんです。

2.理想が高すぎる

「いやぁ~っ俺は絶対ブス無理なんだよね。」「俺は絶対にデブは無理なんですわ。」「最低限AKBぐらいじゃないと無理だわな。」「お気に入りの風俗嬢ぐらいかな。」「金持ちの娘がいい」などなど。確かに男性は女性をルックスで見る傾向にあります。

それは別にいいんです。男ってもんはそーいう生き物ですから。むしろ女性の好みなしでだれでもいいで付き合っているほうがやばいです。なので、ある程度の希望はあるでしょうが、そこで必ずしも理想道理になるとは限らないことを頭に入れておきましょう。

僕も太っている人は無理なのでデブは無理ですが、多少は妥協しましょうよ。かわいくないと無理ではいつまでたっても決まりません。とりあえず普通の女の子ではダメなんでしょうか?

それに、女性はある程度痩せていて、ある程度顔立ちが整っていればあとは化粧次第でかわいくなるもんです。なので、なかなか希望通りにはいかないんですから完璧ではなくても、ちょっとぐらい妥協して相手を選んだほうがさっさと決まります。

3.生真面目

「真面目な性格っていいじゃないですか。」と思われるかもしれませんが、モテる上での真面目というのは肝心な時は真面目で普段はテキトー。これなんです。いつも真面目よりもある程度の適当さは重要です。

なぜかというと、頑固一徹のようなまっすぐな正直者が好きだという女性もいると思いますが、これだとどちらかというと恋愛には不向きな性格です。なぜなら、女性って中身のない会話が多かったり、いうことがコロコロ変わったりするからです。

「実はうちの隣の奥さんと旦那さんがあんまりうまく行っていないらしいよ。」これに対して、「それは良くないことだ。なんでうまく行っていないんだ。」とか「人のことをあんまり詮索するもんではない。」とか、話の内容に対して真面目に回答する人。

普通はそこまで真面目になる人ってなかなかいないと思うんですが、こういう中身のない会話に対しては基本的には「へ~っそうなんだ。僕の親はうまく行ってるよ。」とか適当に流しつつ、適当なことをいっておけばいいだけです。

4.自分にあまり自信をもてない

良い意味では謙遜するということになるかもしれません。しかし、自信がない人というのはいざというときに力を発揮できないものです。例えば、これがわかりやすいのは勝負事です。スポーツをやったことがある人であればわかるでしょう。

自信を全く持てない状態で試合に挑んだとしても負けます。技術で上回っていても気持ちで負けるときってあるでしょう。あれと同じことがいえます。自信がもてない人というのはいざ勝負にでるときに自信をもって「告白する」「口説く」ということができないのです。

それに、自信がないとそれが女性に伝わります。「この人って自信がないのかな?」というのは、オーラにも出ますし、声の張りだとか雰囲気でわかってしまいます。もし、自信がないのであれば何か自信をもてるものを探してみてください。

5.服装がだめ

これについてはこのサイトで何回も語っています。ある程度整ったファッションができるようになれば第一印象で女性に「この人ないわ~(汗)」と思われることはまずないです。女性に好かれないファッションをしている時点で9割恋愛に発展しないのでまずは自分のファッションの見直しをすることです。

6.恋愛コミュニケーションが下手

普通に男性同士でトークするときのコミュニケーションがうまく行くからといって必ずしも女性とのコミュニケーションがうまく行くか?というのはわかりません。しかし、女性とのコミュニケーションがうまい人は男性とのコミュニケーションはうまいです。

なぜかというと、女性とのコミュニケーションに慣れている人は大体嫌な思いをさせずみんなが気持ちよくしゃべれるように会話を回すことができるからです。原始時代の男性は狩猟を行っていました。

その為、本能的にぶつかり合うことを躊躇しません。なので、会話の中で人がしゃべっている時に話をするとか、ある程度一方的な会話になっても男性同士であれば「まあ仕方ないか。」となるんです。

しかし、女性はそういうことを嫌います。「自分が話の中心にいたい。」という願望がありますからそれをかなえてあげるように司会者になって会話を回すスキルを身に着けることが大拙です。

7.女性慣れしていない

1~6のすべてができたとしても7ができないと、いざ!というときに動けないので、やはり女性慣れしておくというのは非常に重要になります。テクニックや女性心理を勉強してもうまく行かないのがこれです。

なんでもそうだと思うのですが、理論、理屈を勉強している人よりも、経験を積んだ人のほうが感覚が養われているため、いざというときにも柔軟に対応できるものです。ケースバイケース。その都度に応じてどんな展開になるかわからないのです。

それに対応していくためにはどんどん経験を積むことです。それによって本当のテクニックというのが養われていきます。後は、女性との接触頻度が多いので女性の前で緊張したりおどおどしないで会話ができるようになります。

テクニックよりも経験に勝るものはない

いかがでしたか?女性とご縁がないと言っている人に限って、1ができていないです。そして、彼女がいない人はこのすべてができていないことが多いです。当サイトではいろいろなテクニックなどについてお話ししています。

しかし、一番大事なのはテクニックよりもどれだけ女性との接触回数を増やすか?ということなのです。女性が苦手ならとりあえず立食パーティーや異業種交流会で会話をする。これでいいんです。

そして1~7の特徴を解消して1年も女性との出会いを積極的に行っていればまず彼女ができないことはないでしょう。では、どこから出会いを始めるか?とりあえず、気軽に出会い系アプリから実践するのをおすすめします。出会えるアプリをいくつかまとめておきましたので参考にしてみてください。

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事