恋愛下手の男性とは不器用でシャイな人?イケメンよりモテる真実。

恋愛下手って何なんでしょうか?まあ、名前の通り「恋愛するのが下手」ということなのでしょう。逆に、モテるのが下手ともいえます。これは女性の場合と男性の場合は異なりますよね。なぜなら、男性と女性ではモテ方も違えば口説き方も違います。

今回は男性の話をしたいと思いますが、僕もモテる男性についてはいろいろと書いたことがあります。高田純次さんのようにテキトーな男だったり、恋愛を第一に考えていない遊び感覚であっている人。

そのくせ、女性の扱い方を熟知している策略家です。こういっちゃなんですが、恋愛はギャンブルとそっくりなところがあります。ギャンブル家はギャンブルを真剣にやりつつ、適当にやる遊び感覚を知っています。

要するに、あんまり真剣になると余裕というものがなくなるため、恋愛におけるパフォーマンスも低下してしまうんです。なので、テキトーにやっていたほうが女性にモテやすいのです。恋愛下手な男性はそれができない人です。

女性経験が少ないからそのように転じてしまうのかもしれません。ただ、必ずしも不利になるというわけではありません。確かに女心を知らないのでどうやって女性を動かすか?どういうときにどんな立ち振る舞いや、どんな発言をすればよいかなど心理操作の部分は下手です。

だけど、それは逆に言えば純粋でまじめであるということでもあります。遊び人の男と付き合っていやな経験をしている女性、比較的恋愛経験が豊富な女性であれば実はこういう男性に好意を抱いたりもするのです。

恋愛下手な男性がとる女性へのコンタクトとは?

基本的に女性の接し方をほとんどわかっていない人とか、普段から女性と会話することがないという人は恋愛下手になる可能性は高いです。高校時代は男子校でそのまま会社に入っても男しかいないとか。

こうい人は恋愛童貞になる可能性もありますね。逆に、高校は共学だったため大学に進学しても女子との会話がスムーズに進み女友達もいる。社会人になっても女子社員との会話も普通にできてしまう。

こういうタイプの人は恋愛上手になりやすいです。では、女性とあんまりコンタクトがないという恋愛下手な男性がもし女性とコンタクトをとるとしたらどんな感じになるのでしょうか?

1.会話が思うように発展しない

男はしゃべらなくても大丈夫。女性の話を聞いてあげる「聞き役」になればよいのだ。なんてことは耳にタコができるぐらい聞いたことがありますが、聞き役になるったって女性がしゃべらなければ聞き役も何もないでしょう。

なので、聞き役というよりかは司会者といったほうが正しいのです。女性の話はもちろんですが、どうやって女性から話を引き出してそれを発展させて行くか?基本は言葉のキャッチボールで、できれば自分は女性の引き立て役になることを務める。

これが、巷でいわれている聞き役の本当の意味です。だから、恋愛下手な人がそれを真に受けて真似しようとしても女性との会話が思うように進まなかったり聞いているだけで全然楽しませることができないのです。

2.女性と目を合わすことができない

これは子供時代にどういう生活をしてきたかも関係してくるかもしれません。人の目を見てしゃべることをしてこなかった人は無意識に目を合わせるのが苦手です。だけど、昔から常に人と目を合わせて会話をしてきた人であれば比較的これはできると思います。

目を合わせずに鼻を見るとかね。ガン見すると逆に警戒されるんじゃないかとか否定的な気持ちになると目なんて合わせられませんね。ただでさえ目を合わせるのが苦手であれば女性と会話するとなったときどうか?

緊張して目を合わすことなんてできないでしょう。唇見たりとかねwwwちなみに、女性に慣れている人は会話するときあえて目線を合わせようとしたりします。身長差があるならあえて高さを女性に合わせたりします。

立ち話でわざとしゃがむと「バカにしてんの?」と思われたりするかもしれませんので、エレベーターとかで会話するときに壁によっかかって自然に背の高さを少し低くします。それで女の子と同じ目線で会話をするのです。

3.女心がわからない

冒頭でも説明したように、恋愛下手な男性は女心を理解していません。特に、集団で切るときの空気の読み方とかわからないという人は特に注意が必要です。女性との会話の中でどんな発言をするか?

これをわかっていないと、そんなつもりで言ったのではないのにも関わらず逆鱗に触れてしまう可能性もあります。女心がわかっていないとこの辺の立ち振る舞いがスムーズにいかないのですね。

しかし、ここでいつもスムーズに行ける人といえば裏を返せば策略家になるわけです。相手の心理を熟知して操っているといえますからね。それが出来ない恋愛下手なところが伝わればある意味好感を持ってくれることもあるかもしれません。

4.すぐに諦める

恋愛下手な人はネガティブ思考な人が多いようです。「どうせ俺なんてとりえないし。」「せっかく好きな人ができたけどもう振られちゃったかも。」「もう恋愛なんてやめる!」「結局一人のほうが楽だからそれでいいや。」

と、結局、すぐに諦めてしまい最終的には一人に戻ってしまうというパターンです。なぜこのようになるのかというと確かにネガティブというのもありますが、個人的に思うのは打たれ慣れていいないからです。

そうなんです。ただ打たれ弱いだけです。ゲームでいうところの防御力1のようなものです。それと比べて恋愛上手はちょっとしたことで気にすることもありませんし、最悪危うくなったとしてもネガティブ施行にはならないのです。

それは、恋愛を第一に考えていないから、「もしこれがだめになったら…まあいいや。次行こうか。」という風に簡単に切り替えができる。防御力99の持ち主なのです。実際問題よほどのことが起きない限り終わるなんてないのであんまり気にする必要はないです。

それでも恋愛下手はイケメンやテクニシャンよりもモテるのか?

まず、第一印象で超イケメン。ファッションとかでごまかしているのではなく普通に顔立ちがしっかりとしている。比率は少ないけど実際にこいう人っているものです。だけど、こういうイケメンさんはチャラいとか遊んでそうなイメージがあるようです。

もちろん、イケメンでも性格がめっちゃ優しくて劣っている要素は感じられない男性もいます。しかし、逆に言えば不安なわけです。かわいい彼女がだと男性は不安になるのと一緒でイケメン彼氏がいればほかの女性に取られないか不安になるものです。では、恋愛下手がイケメンやテクニシャンよりもモテる要素ってどんなところが考えられるのか?

1.真面目

恋愛下手な人は大体は真面目です。真面目で恋愛に一生懸命になりすぎているから逆にそれがうまく行かないというケース。女性と接するときに気を使いすぎうまく会話を進めることができないケース。

いろいろとありますが、テキトーさがない真面目だけの男ってのはそういったところで躓きやすいのです。ただ、将来的な目で見ればこういう男性は女性にモテるのは間違いありません。

若いころは遊びたい時期ですから多少、面白い、チャラい、テキトーな男性がモテる傾向にありますが、結婚を考えている女性であればちょっと不器用で恋愛が下手なほうが真面目な人という印象を与えやすいかもしれません。

将来的なことを考えると「この人遊んでいるな。」と思う男性よりも「経験は少なそうだけど真面目」と思われたほうが絶対にプラスになるはずです。なのでそこをどうやってアピールするかですね。

2.一生懸命

何をするにしても一生懸命な男性です。不器用だからこそ、立ち振る舞いというのは非常にへたくそです。純粋、真面目、一生懸命だと人生でも損をします。時には卑怯なことをするのが生きる上で重要になると思います。

仕事でも良い意味ですがズル賢くないとやってられないところもあるでしょう。だけど、真面目で一生懸命な人はそれができないです。仕事でもうまくはいかないですし、恋愛もうまくはいかない。

だけど、美人で恋愛経験を積んだ女性はこういう男性を好む傾向にあります。なぜなら、これまでいろいろな男性と交際をしてくる中でどういう男性がだめでどういう男性が良いのかわかっているからです。最終的に好かれるのは真面目で一生懸命さでしょうね。

3.優しい男性

女性の気持ちを考えると、付き合いたいのはやはり優しい男性です。イケメン、女心がわかる人でも一緒にいて幸せに思えるような男性でなければ最終的には破局してしまいますからね。

恋愛下手は恋愛経験が少ないのでどうしても女性に対して優しくしてしまいます。ただ、過保護にするとマイナスなので優しいといっても適度に放置するとか、言いたいことはいうとか、こういったところはしっかりとしなくてはいけないでしょう。

そんな感じで恋愛下手だとしても自信をもって恋活すればいい人に出会えるはずです。

とりあえず手軽に使えるアプリで恋活してみましょう。

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事