バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

ほぼ童貞草食系男子が実践する!出会い系体験日記

はじめまして、連載を担当させて頂きます。ズシです。
今回の連載を担当すると決まった今年の4月から、ガムシャラに出会い系を利用して成果(セックス)を増やしてきました。

当コラムは、そこで実体験した内容や学んだ知識を皆様にお伝えして、

私のような「ほぼ童貞」の方や

これから出会い系を始めようと思っている方、

なかなか思うような結果の出ない方、

もっと成果(セックス)の数を増やしたいと思っている方に役立ってもらえると幸いです。

管理人自己紹介(スペック)

まずは、簡単に私の自己紹介から始めさせて頂きます。

【自己紹介】

東京在住 25歳♂
24歳までの経験人数:1人(4年前に大学のサークルの下の中先輩との過ち)

【スペック】

身長:163cm
年収:200万程度
外見:ノンスタイルの井上+2ポイント
その他:
①女の子と喋れない・触れれない・目が見れない
②短小・早漏

【実績】

4月 0人
5月 1人
6月 1人
7月 2人
8月 1人
9月 1人

【利用サービス】

私が現在、最も利用しているサービスは「pairs(ペアーズ)」です。
他にもPCMAXやラブサーチなど8つのサービスを利用していますが、7月辺りから女性とのやりとりは「pairs(ペアーズ)が多いですね。
(単純にやりとりが多いからではなく、女性の返信率が他より高いからやりとりが増えた)

今後の方針とお願い

正直、今回の話が決まるまで女の子とこんなに経験ができるなんて本気で(マジで)思ってませんでした。
しかし、会社の先輩(以降、アベシ)や友人(以降、アルセラ)から出会い系の使い方やホテルへの連れ込み方を教えてもらって、この半年間で5人の女性と寝ることができました!!

セックスに持っていく為の具体的な方法は次回に持ち越しますが、
月間約5~10人と連絡のやりとりをして、実際に会えるのは1人~3人、そこからセックスできるのが1人~2人となっております。

念のため、もう一度お伝えしますが、

24歳までの経験人数:1人(4年前に大学のサークルの下の中先輩との過ち)
外見:ノンスタイルの井上+2ポイント
女の子と喋れない・触れれない・目が見れない、短小・早。。。。

こんな私が女性をまともに口説けるわけがないのは、わかりますよね?
それでも多い時は、月に2人の女性とセックスするのです。ドヤッ!

少しでも興味を持っていただいた方や共感を持っていただいた方は、今後ともご愛読をいただけますと日々のセックスに益々精進できます!!笑

次回以降の更新についてはこちらをご覧ください。

第2回「童貞でも大丈夫!出会い系で女の子と会ってからセックスまでの流れ
第3回「出会い系で円滑にLINE交換するための5つのポイント
第4回「女の子との初デートは必ずL字型個室のある居酒屋で飲もう!

この記事を読んだ人におすすめの記事

好意の返報性/返報性の原理とは?使えない嘘の恋愛テクニックなの?

またまた恋愛テクニックのお話になりますが、「耕の返報性」はご存知でしょうか?心理学では「返報性の原理」といわれることが多いのですが、たとえば、バレンタインでチョコレートをもらったらホワイトデーにお返しをしてあげる。別に本命ではなくても、義理として「もらってばかりでは悪いから。」と自分も何かお

メンヘラの特徴7つ|メンヘラの見分け方と付き合い方

「メンヘラ」という言葉が浸透していますが、実はメンヘラはSNS社会という今の時代にネットの掲示板から生まれた言葉です。意味はメンタルが弱い…心の病気…などを意味してメンタルヘルスの略語として「メンヘラ」と言われているのです。元々は心の病気を持つ人という意味「メンヘラ」

優しくていい人なのにモテない!いい人がモテるようになる為には?

「〇〇さんはいい人だけど付き合えないの。ごめんなさい。」と言われたことのある男性は世の中に数多くいるのではないでしょうか?告白の際だけではなく、いろいろな場所で聞くことができるこの「いい人だけどごめんなさい」現象は世の中の優しくていい人属性を持っている男性の永遠の課題ですよね。今回は

好きな人へLINEは毎日送るべき?回数や頻度を考えてみた。

ナンパ、合コン、パーティー、出会い系など、最近は出会いのチャンスは本当にたくさんあると思います。「社会人になると出会いがない。」などと言いますけど、実際はそんなことはないんじゃないかと思います。その気になれば、ナンパをすればいいでしょうし、障壁が高いならパーティーに足を運べばいい。それでも厳


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.