初デートは昼か夜よりも短時間のデートをおすすめする理由とは?

当サイトでもたくさんの出会系アプリを紹介していますが、実際に連絡先を交換したとしてそのあとどうするのか?
初めて顔合わせをするときはどんなデートプランにすべきなのか?

これは非常に悩むところではないでしょうか?
なぜなら、そのあとにつなげることができなければ、正直初デートの意味は全くないのと同じことですからね。

なので、初デートをどんなデートにするのか?
これは重要です。

ただ、私の場合は初デートのプランを決めるのはほんの数分で決めたりします。
確かに失敗してはいけないのですが、あまり深く考えるはしません。
気合いを入れたところで失敗することもありますから。

そもそも、初デートって何か?って考えると、要するに「顔合わせ」なわけです。

お互い初めましてですから、顔合わせ程度で短時間で済ませてしまうのが一番楽だったりします。
知り合いにこんな話をすると、「えっそんな簡単でいいの?」
と、言われたりしますが、いいんです。

もちろんテキトーにやるわけではありませんが、顔合わせと思って挑めばリラックスして取り組むことができるので、逆に上手くいったりするんです。

初デートは2~3時間で十分だと思う5つの理由

1.昼か夜よりも短時間を意識する

昼間に初デートをしようが、夜に飲み屋で初デートをしようが、これに関してはそんなに重要なポイントではないと思います。
もちろん、相手を警戒させないという理由であれば、昼間に初デートをするのもおすすめです。

ただ、仕事が忙しくてなかなか時間がとれないという多忙なビジネスマンであれば、仕事終わりの夜にサクッと初デートを済ませてしまうのはありでしょう。
忙しいことを言い訳にして夜を提案すればよいのです。

交際中に「忙しい」を理由に彼女とのコミュニケーションを避けるのはマイナスですが、初デートに関しては忙しい中でも時間を作ってまで会おうとする姿勢はむしろプラスになりやすいです。
また、忙しいというぐらい仕事ができるという点でも好印象です。

2.マイナスな雰囲気を作りにくい

どうしても長期戦になればなるほど会話に矛盾が生じてしまったり、途中で途切れてしまったりするものです。
特に普段から女性と会話をしていないと緊張してしまい、シドロモドロになってしまうかもしれません。

そういう人ほど初デートは好印象のうちに切り上げておくほうが次回のデートにつながりやすいです。
また、実際問題2~3時間も世間話をしていたら、ほとんどネタもなくなってくるものです。
トーク力に自信があるなら別ですが。。

ここでいうトーク力とは、司会力のことです。
司会力とは、ネタがなくても相手に質問をしてそれを広げていく力なのですが、これはポイントを押さえながら場数を踏むことで上手くなります。
もし、司会力に自信がないなら、初デートは深追いせずに2~3時間で済ませるのがよいでしょう。

3.次のデートにつなげやすい

いきなり長いデートができるのは少し上級者です。
私はトーク力がなくても彼女を作ることは可能だとお話ししたことがありますが、それというのも、トーク力が必要なくても済むように短いデートを繰り返しているからなのです。

会話に自信がないなら、初デートに限らず数回のデートは2~3時間程度の短いデートにしてくことをおすすめします。
投資と同じで勝っているうちに逃げるのです。

2時間程度の食事で盛り上がっているうちにデートを切り上げる。
すると女性はどういう風に思うでしょうか?

「この人すぐ帰るからつまらない」とは思わないです。
「えっ、もっと一緒にいたかったのに」と寂しさと良い意味の不完全燃焼を与えることができるのです。

4.次回のデートが楽しみになる

一話で完結してしまう2時間ドラマや映画はその後の楽しみがありません。
しかし、シリーズものであれば次回がものすごく楽しみになりますよね。

また、あのような類はうまい作りになっていて、一話終盤で思いっきり引っ張るんです。
それが逆にうっとうしいと思ったりもしますが、結局一週間後を楽しみに待ってしまいます。
ドラマ好きな女性は「次はどういう展開になるんだろう。」と想像してしまいます。

しかし、面白くないドラマは見られません。
パターンとしては、「次の展開が予想できる」「話しが面白くない」この二つです。

このように最悪なデートにならないためにも短時間のデートプランが良いのです。

そこに少しアレンジを加えるとしましょう。
ドラマでいう「予告編」を提示します。
次回はどんなデートになるのか?
あらかじめ伝えておくのです。

たとえば、
「今日はありがとうね。次はステーキのおいしいお店知ってるからそこいこうか」
「○○水族館のイルカショーはめっちゃ評判いいらしいから今度行ってみよっか」
と、デートの終盤で次のデートを連想させるようなお話をしておくのです。
ポイントは一方的な感じではなく必ず相手の意見も聞くことです。

女性は自分の意見を聞いてもらったり、相談してもらうことに好感を抱きます。
自分勝手に決めてしまうのはマイナスなので、次のデートを決めるときも必ず彼女の意見を聞くようにしましょう。

5.あえて女性を不安にさせる

恋愛を攻略するには女性の感情をグラグラ揺らすことです。
喜怒哀楽を意識しましょう。
喜ばせるだけではなく、時には悲しませたり、不安に陥れることも大事なのです。

たとえば、デートを早く切り上げると女性はどう思うでしょうか?
もし、そのデートがあまりいい感じではなければ早く切り上げることで気持ちは楽になるでしょうが、一緒にいて楽しいなと思っていたら突然デートを切り上げる。
そうなったら、「あれ?私なんか悪いことしたかな。」
と、あなたの存在を女性の心に残すことができるのです。

これは有効な恋愛テクニックの一つです。
女性は男性よりも右脳が発達していますので、感覚や想像力が強いのです。
あなたと会わない間も「突然デートを切り上げるなんてちょっと失礼じゃない?」

と、初めのうちは不安や怒りを覚えるかもしれません。
しかし、ずっとあなたのことを考えるので、次第に「あのひと今頃何やっているのかな?」とそれが恋心に変わっていくのです。

6.女性からついてくるような関係にする

出会い系で知り合った女性が実際もすごい美人だった。
デートした相手がアイドルのようなかわいい女の子だった。
そうなったら緊張するし気を使ってしまうでしょう。
だけど、ここで女性に翻弄されるのはだめです。

むしろ、男性は女性を翻弄するぐらいにならないと恋愛は成就しにくいです。
もし、それで成就したとしても向こうが妥協しているか、都合のよい男と判断されているか、それともその女性がよほどあなたのことを気に入っているかのどれかでしょう。

いずれにしろ、交際してからもうまい関係を続けていくには翻弄されるのではなく、「女性があなたについていく」ということを意識させなくてはいけません。

好きなのかな?あれ?やっぱり好きではないの?という感じで女性は翻弄させることでその女性は「どうやったら好かれるのかな?」とあなたにとても興味を持ってくれます。

こういうちょっとしたテクニックが次回のデートにつながったり、その後のカップリングを成立させるうえで、とても重要なポイントになります。
デートが全然うまく行かないという方は、短いデートで尚且つ、今回お伝えしたように女性が「その気になる」振る舞いをしてみましょう。

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事