【初心者必見】ナンパと言えば海!今年こそ海ナンパすべく、ご教示願った話

海ナンパがしたい。

そう思い立ってから何年がたったでしょう。

夏が好きなのですが、基本的に暑いのが苦手で毎年夏が来るたびに涼しい部屋でkeyの名作「AIR」を見て満足してしまっています。

これではいかん!今年こそはという事で、海ナンパについて教えてもらいました。

講師は海の家でのバイト経験も豊富なMくんです。

海ナンパってどうやるの?

「海でナンパがしたいです」

「してください。」

「どうしたらいいですか?」

「声をかければいいんですよ。クラブでナンパしてるでしょ?」

「そんなこといわずに~」

「・・・・・っ!!」

こんな子に声がねらい目

「こんな子が声をかけやすいみたいなの教えてくださいよ~。記事にしやすいようなやつ~」

「本音が出てるじゃないですか。言っときますけどあくまで僕がそう思ったって話ですよ。」

「かまいませぬ」

「じゃあ、まずは女の子2人組ですね」

「その心は?」

「まず海に一人で来ている女の子なんてめったにいません。もしビーチに一人で座っている子がいたら、彼氏連れですね。だいたい海でサーフィンしている姿でも眺めてるでしょう。」

「なるほど。そんな人に声かけたら殺されちゃうね。」

「はい、殺されてください。反対に3人以上だと仲間同士で盛り上がりまくっているので入り込む余地はないです。だから2人組がいい。なんならナンパされに来ているコンビもいますよ。」

「ふぅうう!いいよ!ビーチっぽいよ!他には!他には!?」

「うーん、攻めた水着の子は大体ナンパ待ちですかねー」

「偏見じゃねえか」

「聞いといてひどいですね。確かに多少の偏見はあるかもしれませんが、ノリが良くて成功しやすいのは確かですよ。まあ、この手のタイプは正直ブスも多いですが。」

「・・・・・」

「あ、あと海に来てるくせに、海に入らずパラソルのしたで永遠おしゃべりしてたり、海の家にいる子もねらい目ですね。暇そうなんですぐわかりますよ。要は髪が濡れてない子ですね。」

「おっ!それっぽい!いいねそういうの!」

「あ、でも浮き輪に乗って海に浮いている子に声をかけるっていう裏技もあります。」

「そんな子いる?(笑)」

「いるんですよ。この子たちは海に浮かんでいる以上、簡単には逃げられないですよ。強制的に話を聞くスタイルになってます。」

「やっべ」


声をかけやすい女の子の条件をまとめるとこんな感じです!

  • 女の子2人組
  • 攻めた水着
  • 暇そう
  • 髪が濡れてない

ナンパ待ちをしている女の子は比較的簡単にわかるそうです。
やっぱりビーチはオープンな気分になっている人が多いんですかね!

裏技の海に浮いている子は、いたら声をかけてみたらいいと思います(笑)

成功しやすい声のかけ方

「声をかけやすい子はわかりました!声のかけ方を教えてください!」

「場合にもよりますが、簡単なのは一緒にBBQしない?でしょう!」

「BBQしている事前提じゃないですか。しかもそれって失敗したら男2,3人でしたくもないBBQしなくちゃいけないってことだよね・・・つらみじゃん」

「いや、海の家とか利用すれば手ぶらでもBBQできますしそこは臨機応変にやってくださいよ。」

「なるほど。他には?」

「一緒にビーチバレーしない?とか。なんならいきなり酒持って行って、かんぱーい!もありですね。」

「チャラさ全開でいいってこと?」

「ぶっちゃけそうですね。ワンチャン狙うなら、暗くなったら花火するんだけど一緒にどうです?っていう手は使ったことあります。海ナンパって解散も早いもんで意外と夜まで持ち込むの難しいんですよ。」

「ふぁああああ、えっろ。」


声のかけ方をまとめるとこんな感じ!

  • BBQ一緒にやらない?作戦
  • ビーチバレー一緒にやらない?作戦
  • いきなり乾杯作戦
  • 夜花火やるけどどう?作戦

意外な事実が発覚しました。
ビーチナンパなんてエロでしかないと思いましたが、解散が早く意外と夜まで持ち込めないこともあるという事でした。

ともあれ、チャラさ全開の方でいいとのこと。
ビーチにいる女の子は絶対ナンパに応じない鉄壁かノリのいい女の子の両極端ってことでしょう。

もちろん押しに押せばいけるという場合もあると思いますが、初心者はとりあえずスルーした方がいいと思います!

海ナンパの注意点

「声をかけやすい人、声のかけ方とくれば、あとはあれだね!」

「・・・・場所、ですか?」

「あ、それいいね。でもそれはまた別な機会でいいや。今回は注意点をお願いします。」

「御意。これはもう清潔感ですね。特にムダ毛」

「まあムダ毛はやだね」

「ムダ毛が嫌いな女の子って多いけど、普通ならつるつるにムダ毛処理してるくらいならボーボーの方がいいって子多いですよね?でも、ビーチで聞くと反対なんですよ。ボーボーよりつるつるの方がいいっていう子が多いんです。」

「ほほう。興味深い」

「当然、汗臭いのもアウトです。暑いから汗かくのはしょうがないですか、こまめに拭いたり、あらかじめデオドラントスプレーで対策しとくといいですよ。」

「あらかじめ?」

「はい。臭いが気になってからスプレーすると臭いが混ざって逆にくせえです。」

「びびる」

「あとは体形ですね。おなかたぷたぷとか論外」

「・・・・・・・・・・」

「自信がないなら海パン一丁じゃなくてTシャツとか着ればいいんじゃないですか?」


注意点をまとめると・・・

  • 清潔感をだす
  • ムダ毛処理
  • 臭い対策
  • 体形カバー

ってとこですね。まあ結局は清潔感ですね。
体型に関しては今のうちから仕上げておけばクリアできるでしょう。

まとめ

ちょっと気が早い気もした海ナンパですがいかがでしたでしょうか。

意外にも夜に持ち込むのが難しいという事実が分りました。

海水浴場の周辺にはラブホテルも多いですが、連れ込むには時間が早くなっちゃうし、ワンチャン来たわこれってなっても、ホテルが満室というケースが多いようです。

なんとか夜まで繋いでお泊りコースが理想ですね。

私も夏が来たらAIRを見てから海に繰り出そうと思います!

今から夏が待ち遠しいです!

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事