バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

苦手意識を克服!モテる男がしている女性を楽しませる会話術

モテる男は女性に対する気配りやマメさ、安心感を与える対応だったりいくつもの特徴があります。

女性にモテるということは、女性を楽しませることと同義といっていいと思います。

ではどうやって楽しませればいいのでしょうか?もちろん会話ですよね。
でも会話に自信がないっていう男性は意外と多いんです。

ホシマツもそれほど会話に自信があるわけではないのですが、最低限のルールというか作法を身に着ければ女性との会話を心配する必要はないです。

女性を楽しませる会話術を身に着けて、女性との会話の苦手意識を克服しましょう。

女性と男性の会話の違い

会話術を学ぶ前に、まずは女性と男性の会話に対する期待というか姿勢について知っておいた方がよいでしょう。

よくあるカップルの会話で、下のようなやり取りがよくありますよね。

女「会社のお局のユウコパイセンがさぁ~、いい年してジャニーズ好きでさぁ~、毎年カウントダウンコンサートに行っちゃってるんだよね~」

男「へ~ ( ̄_ ̄ )」

女「早く結婚して寿退社してくんないかな~」

男「そうね~ (´ρ`)」

女「ちょっと、たかし!聞いてんの! ヾ(*`Д´*)ノ”」

男「え!なに!?(なんで怒ってんだろ。。)」

こんなやり取りが、いまもどこかでされてそうですねw

なぜ男女の会話でこんなことが起こってしまうのか?

それは男と女それぞれが会話において期待している内容というか姿勢が違うからです。

男の会話の特徴

男性は会話の中で新しい知識や情報を求め、ある議題に対して問題解決をするような会話を好む傾向にあるといわれています。

女の会話の特徴

それに対して女性は問題解決よりも、その問題そのものに共感を求めています。

もちろんアドバイスを求めていないわけではないのですが、問題そのものを共感してくれる人を「よい理解者」とするので、アドバイスよりも「わかる~」と言ってほしいんですね。

だから下記のようになることがよくあるんですね。

女「彼が話を聞いてくれない。。。私に飽きたの。。。」

男「なんでいっつも彼女の話は長いんだろう。。。」

このように、男女間の会話では「すれ違い」がよく起こります。

女性にモテる会話術

男にとっての会話とは「問題解決のためのツール」であり、女性にとっての会話は「気持ちを聞いてもらうためのもの」だということがよく分かったと思います。

言い換えると女性のそれは「会話それ自体を楽しんでいる」といえます。

この点をふまえて、モテる男が実践している女性を楽しませる会話術というのを解説していきます。

モテたいならアドバイスはするな

会社の女性社員が男性の同僚なんかに悩み事を話しているシーンってよくありますよね。こんな時男って問題を解決してあげたいと思い、アドバイスをしようとするのですが、女性はそんなの求めてちゃいません。

まずは話を聞いて「そうだよな~、気持ちわかるよ~」っていう共感がほしいんです。

「うれしい」「たのしい」「かなしい」「さみしい」に共感してあげましょう。

共感の態度を見せずにアドバイスなんかしたら「私の気持ちなんてわからないくせに。。」という風に思われちゃいますよ。

アドバイスは共感してからにした方が素直に聞いてくれますし喜ばれます。

モテたいなら聞き上手になれ

そもそも女性は男性に比べて社交性が高いといわれています。

高齢者の孤独死が問題となっていますが、その約7割が男性です。

それに比べて多くの女性は、社会とのつながりを絶たずに会話をする相手がいるので、男性に比べて孤独死する人が少ないということです。

米メリーランド大学の研究結果によると、男性が1日に発する単語数は平均7,000語で、女性の場合は平均20,000語といわれています。

女性の方が男性に比べておよそ3倍多く単語数を発しているのです。

さらにある調査によると日常会話が女性の「ストレス解消」にもつながっているとされ、1日に6,000語以下しか話せないと、脳がストレスを感じやすくなるとも言われています。

だから女性を楽しませたいなら男性が聞き役となってバンバン気持ちよく話をさせてあげればいいのです。

聞き上手って簡単に言うけどどうすりゃいいのよって人のために、聞き上手になるためのテクニックを解説します。

話に興味を持て

女性の話に興味を持てなければ、聞き上手にはなれません。

そして会話の中で興味のある部分に対して質問をする。

これを繰り返せば話が自然と盛り上がります。

相手の気持ちを引き出す

会話の内容が「うれしいこと」なのか「つらいこと」なのか判断して、共感してあげれば相手は心を開いてもっと話をしてくれます。

相づちや表情に気を配る

いくら女性が共感する相手がほしいといっても、鼻をホジホジさせながら相づちを打っていたらバカにすんなと怒られてしまいますよ。

本当に聞いて理解してあげようという気持ちが大事です。

ミラーリングを使う

相手の動作を鏡に映したように同じ動作をすることを心理学では「ミラーリング」といいます。

相手が髪の毛を触ったときに自分も髪の毛を触るなど同じ行動をとると、相手は無意識的に心を開いて親密だと感じるのです。

会話の合間合間に取り入れましょう。

オウム返し

共感の気持ちを込めてオウム返ししてあげると「話を聞いてくれている」という安心感を相手に与えることができます。

モテたいならその日に起こったことを聞け

男性が考える会話というものは「問題解決のツール」であると説明してきました。

だから問題がなければ無理に会話をしようとしないのです。いやする必要がないと思ってしまうのです。

それに対して女性はその日にあった出来事や感じたことを誰かに話したくてウズウズしています。

人妻「旦那が仕事ばっかりで全然話を聞いてくれないの。。」

浮気相手「冷たい旦那さんだね。こんな僕でよければいつでも話を聞くよ!」

人妻「浮気相手君みたいな人と結婚すればよかった。」

浮気相手「旦那と別れて僕と結婚しようよ」

なんてシーンがドラマでよくありますよね。

実際に現実社会でも会話がないことに女性がストレスを溜めて、新しい男に乗り換えるなんていう話はよくあることなんです。

だからまずはその日に起こったことを“いちいちちゃんと聞いてあげる”というのが、女性を楽しませる会話術として重要なんですね。

男女間の会話の違いの原因

なぜ同じ人間なのに男女でこんなにも会話に対する考え方が違うのでしょうか?

様々な説がありますが、一説によると先史時代からの影響が現代まで残っているからだといわれています。

先史時代、男は生きるために狩猟し常に問題解決を迫られる中で生きていたから、いちいちお喋りしている余裕がなかった。

女は集落で畑を耕しながら男の帰りを待つのが仕事だったので、集落でのコミュニケーションを密にして周囲との共存を最優先事項としていたから。

先史時代を生き延びるために必要な情報が、現代では余分な情報として私たちのDNAに深く残っているのです。

なんとも皮肉な結果ですよね。

でも男女の会話の違いを理解した皆さんは、この皮肉な結果を逆に利用して女性にモテる手段として使うことができるのです。

以上のことを考えれば、出会系アプリで知り合った初対面の女性との会話も怖くはないはず。

早速アプリで女性を誘って、会話上手なモテ男になりましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

元カノと復縁するには?連絡の取り方から復縁するまでの方法をご紹介

「やっぱりあいつしかいない」 別れてから「やっぱいあいつしかいない!」と元カノと復縁したいと思うことはけっこうありますよね。 特に新しい彼女ができてから、改めて思っちゃったり。。。いくら元カノとはいえ、別れたあとでまた付き合うのはかなり難しいこと。 特に別れたあとの関係だと、距離感を測

初デートってどこ行けばいいの!?OKプランとNGプラン

初デート前って緊張しませんか?共通の趣味があれば「今度あそこ行ってみましょうよ!」ってなりやすいですが、そんなありがたい流ればかりではありません。NOヒントでデート場所を決めなくちゃいけないこともあります。さて、こうなると困るのがどこに行けばいいか。まして

なんで急に!?社会人になった途端に彼女が出来ない4つの理由

学生の頃はクラスやゼミ、学園祭や友達の紹介など様々なイベント、行事で彼女ができやすいものですが、社会人になると職場内での恋愛意外は自発的に「恋人を探そう!」としない限りなかなか簡単に恋人を作ることが出来ません。ですが、現在20代の男女の未婚率は70%になっており、男女ともに恋愛したい人た

デートの誘い方!LINEを使って爆速で食事デートに誘う方法とは?

立食パーティー、まち婚、出会い系アプリなど。現代社会で出会いに悩む大人は多いと思われますがよく考えると出会いという場はものすごくたくさんあるのも事実です。そんな中でLINEなどの連絡先は交換することも多いでしょう。その交換もノリで交換するのか?本当に気になって交換するのか?というのでもその先


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.