バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

別れた彼女と復縁したい!そんな時におすすめする上手な復縁の4ステップ

何年もの間付き合った、少ない期間だったけど濃密な時間を過ごしていた、でもそんな彼女に突然フラれてしまってどうしたらいいのかわからない。
そんな状態に陥ってしまう男性は世の中に数多くいます。

実際に付き合っていた彼女にフラレてしまったら、ほとんどの場合復縁までもっていくのは非常に難しいです。
ですが、きっちりと状況を把握し、振られたということはどういう状況なのか?ということを把握して復縁までのプランを考えれば元に戻れる可能性もゼロではありません。

今回はフラれてしまった彼女とどのようにすれば復縁することができるのかを詳しく解説していきます。

一旦付き合う前の関係に戻ろう!

復縁するにしてもまずは元彼女と気軽に飲みに行ったりすることができる関係まで戻らなければなりません。

別れたばかりの時はお互いまだ付き合っていた時の記憶が鮮烈すぎて、なかなかフラットな気持ちで飲みに行くことなどできません。
一旦付き合う前の関係に戻れるように行動していきましょう。

まずは連絡することをやめる

フラれてしまったあなたはなぜフラれたのか理由が分からずに付き合っていた時と同じように”元”彼女にLINEを送ってしまってませんか?

復縁しようと必死になるあまり連絡をしてしまう気持ちはよくわかりますが、そのように連絡を送り続けるとどんどん彼女の心は離れていきます。

相手の立場で考えてみるとわかりやすいですが、好きじゃなくなって別れたのに毎日相手から連絡が来る、しかも相手は自分のことを引きずっている、なんて状況になったら相手に対して抱く感情は”めんどくさい”という感情です。

連絡を取り過ぎてイメージが悪くなることはありますが、別れてしまった今となっては連絡を取らなくなってもあなたの印象が下がっていくことはありません。
勇気を出して一度連絡を取るのをやめてみましょう。

連絡を断つ」という期間があると、彼女のことを忘れてしまうこともあります。
というより、ほとんどのフラれた人はこうやって時間が解決してくれるのを待っているパターンが多いです。

参考リンク
これでもう引きずらない!元彼女への未練を断ち切るたったひとつの方法

復縁する気持ちが薄れたら素直に次の恋愛を見つける努力に方向転換しましょう!

▼▼新しい恋のための恋活アプリ▼▼
趣味で繋がる恋活アプリ、YYC

別れた原因をしっかりと見直す

連絡するのをやめたら次はなぜフラれてしまったのかを考えてみましょう。
女性が男性を好きじゃなくなってフッてしまう時はいくつかのパターンがあります。

関連リンク
別れる直前に見られる彼女の行動9パターン

他の男が好きになった、単純にあなたのどこかに冷めてしまった、金銭的に将来が不安になったなど、挙げればキリが無いですが必ず理由が有ります。
その理由をきっちりと把握し、復縁したいのであればその別れた理由になるものを改善する努力をしておかないと復縁することができる可能性はゼロに近いでしょう。

別れている間に自分磨きをしておく

relaxed-498245_1280-compressor

別れた彼女と連絡を取らずにいる間、その時間を無駄にせずにしっかりと自分磨きをしておきましょう。
復縁したいのに、今までの自分を一切変えてないで何か変わることはほぼありえません。

すこしでもおしゃれになる

モデルのようにオシャレになる必要はないですが、清楚で芋っぽくならないように無難なオシャレさくらいは維持しましょう。
服のセンスに自信がない人でも最近はユニクロやら安いセレクトショップやらが非常にオシャレになってきていて、相当奇抜な服を買わなければそんなに心配することはありません。

それでも心配な人はショップの店頭に飾ってあるマネキンの服を一括で買うといいでしょう。
ネットショップでもマネキン買いは非常に流行しているので、あまり服に自信がない人は是非ご覧になってみてください。

参考リンク
オシャレに自信が無い人注目!マネキン買いで無難なファッションを目指そう!

恋愛スキルを磨いておく

彼女にフラれる際は様々な要因があると思いますが、その要因の中で大きな理由が「なんとなく」です・
好きだったのにいつの間にかなんとなく好きじゃなくなっていった。

そんな風になる原因はあなたが彼女に対して一途に尽くし過ぎたたからです。
恋愛を解き明かすことを目的に執筆されている”週刊金融日記”というメルマガの中では「非モテコミット」というワードで表現されています。

これは男が一人の女を追いかけると、女側から拒絶されるというもの。男性に非モテコミットされると、女性の中では本能レベルで「自分をここまで追いかけてくる⇒他の女性から相手にされていない⇒優れた遺伝子をもっていない⇒この人の子どもを産みたくない」となるらしい。こうなると男は絶望的にモテない。その恋愛ほぼ確実に成就しない。でも、もしその男性が他にも好きな女性が10人いたらこうはならない。一人の女性を追いかけなくなるので魅力的になって逆にモテたりする。これってその人自体は同じ人間なんだけど、ただ選択肢が他にもいっぱいあるってだけで上手くいってしまう例ですよね。

出典:たくさん選択肢があれが我慢しなくていい

あなたはラッキーな事に彼女にフラれてフリーな状態です。
今のうちに彼女をものにするべく他の女性と遊んでおきましょう。

自然な形でもう一度連絡してみよう!

連絡を断って3ヶ月~半年程度が経過したらいよいよ元彼女に連絡してみましょう。
それくらいの期間があけば「久しぶり!元気ー?」とか無難なLINEでも大丈夫ですし、元彼女が好きだった映画や季節のイベントなどに誘うのもいいかもしれません。

あなたが別れている期間に自分磨きを努力していればきっとあなたの変化に気づき、何かしらの動きが起こりますよ!

▼▼新しい恋のための恋活アプリ▼▼
趣味で繋がる恋活アプリ、YYC

評判の良い出会い系サイトランキングランキング

セフレを探すならラブサーチが一番安価でおすすめ
4ヶ月以内で88.9%の方が出会いを見つけています!!

ラブサーチはomiaiやペアーズと違って婚活がメインとなっている定額婚活系サイトとはいえ、会員の平均年齢もそこまで高くないので、がっつり婚活している人よりもセックス目的やご飯目的で登録している人のほうが多いです。

6か月定額プランにすると月に2,000円で利用することができるのもオススメ!!

女性のタイプ
清楚系、お姉さん系
料金体制
定額制
出会える度

会員数の面では圧倒的で総合的には最強の出会い系と言えるPairs(ペアーズ)

女性会員数は多く、モデル・芸能人並みの美女も多数登録しています。

コミュニティなどのSNS的な機能もありますので、趣味友を探すのにも向いている万能型としても使えます。

10代〜30代の会員が多く、アプリ・サイトのデザインや機能も優れていますので、出会い系を使ったことが無い人にもオススメ!!

女性のタイプ
コンサバ系、清楚系、大学生
料金体制
定額制
出会える度

PCMAXは2000年から運営されている老舗出会い系サイト。
日本の出会い系サイトの中で唯一テレビで特集されるほど安心安全で女性の支持も高く、サクラ撲滅運動にも力を入れています。

またエッチな写真を挙げる写メコンなどもあり、セフレ探しを目的として登録している人が多いです。

彼氏や彼女を探すというよりは遊び目的の人におすすめ。
無料登録でもらえるポイントも非常に多く、出会い系初心者はPCMAXから始めてみましょう!

女性のタイプ
ギャル系、お姉さん系
料金体制
ポイント制(前払い)
出会える度

この記事を読んだ人におすすめの記事

高校生ならではのモテる男子の4つの条件とは?

全然顔はイケメンではないのに何故かモテる男子っていませんか? 実は僕が高校生の時はそういう友達がいまして、彼女と別れてもすぐに別の彼女がすぐできる彼女が途切れない友達がいました。当時は疑問で仕方なかったなかったのですが、今思えば彼はモテていたのも納得できるような性格をしてましたよ。この記事を読

元カノへの未練を断ち切るべきに必要なたった4つの行動とは?

初めてできた彼女とつきあってそのまま幸せになるということは少ないです。むしろ、破局というものを経験した人のほうが多いわけです。そうなると、次の彼女と元カノを比較したがるのが男性です。 また、男というのはバカな生き物ですからどういう感じで別れても比較的元カノに対して未練を持ったりするものなのです

相席屋の口コミ・評判って実際どうなの?徹底調査した結果!

相席屋が繁盛していて全国的にお店の数が増えてきています。 実際のところ、出会いがうまくいっているのでしょうか? ネットの口コミから評判を探ってみました。 相席屋ってなに? 本題に入る前に、まずは相席屋とは? そのシステムとは? から始めましょう。 相席屋

ナンパができない地蔵をやめる5つの心得とナンパ仲間を作る方法!

ナンパをするときになかなか声をかけるのができないと思います。そーいう人って結構多いものです。そんな、声をかけたくても声をかけることができずに隅っこで突っ立っているだけの人。 もしくは、いざ声をかけようと女性に接近するも声をかけられずに終わってしまう人たちを地蔵っていうのです。声がかけられずにじ


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.