ポイントを押さえれば大丈夫!簡単にセフレを作る方法!

「セフレなんて夢のまた夢」と思っている男性諸氏も多いことでしょう。

よほどのイケメンか、よほどの富裕層でなければ無理!なんてね。

ところが、相手次第で簡単にセフレができるとしたら…。要は“セフレになりそうなオンナ”を見極められれば、簡単にその夢が叶うのです。
ここではそれら幾つかの方法を記し、迷える子羊たちの道標を示してみます。

セフレになりやすい女性との出会い方!!


では、一体どうすればセフレができるのか?

まずは“出会う”事が大事だという至極当然な事項を、頭の隅にでも常に置いていてください。

場所・シチュエーション等々、手がかりになる事項を挙げておきます。
まずは自分の得意分野を見つけて、慣れてきたらそれらをミックスしたりアレンジしてみるのも効果的です。

出会い系サイトに登録

PCからでもスマホからでも、自分の生活リズム&ペースでセフレ獲得作戦を展開したいなら出会い系サイトやアプリに登録してみましょう。

その際には「アダルト」カテゴリーを選択してください。

いきなり「セフレ募集!」なんて書く必要はないですが、アダルトに入っているという事は女性側も「気が合う相手がいれば…」という思いが“無きにしも非ず”ですから。

ナンパ

こちらは技術というよりは、「勇気」が必要な方法ですね。

丁寧になり過ぎず、かといってクダけた感じになり過ぎずに、とにかく声をかけまくりましょう。

例えば渋谷を例にとると(人けがあるなら、どこでも可)、「道玄坂下で○人、センター出口付近で△人」という具合に、自分にノルマを課すのが有効的ですよ。心を折らないためにネ!

合コン

簡単そうで意外と難しいのが合コンです。特に、相対する側の人間模様の機微を見極めるのが困難なんです。

時間的にも足りないし、探り合いをするのも面倒なモノ。そこでオススメなのが「No.2」狙いです。幹事は細々大変だし、最初から人数合わせで来るコは脈ナシと決めてかかってもいいです。

2番手のコだったら「ヤル気もあって、そこそこ積極的」。LINEで繋いでH→セフレという図式になりやすいと思います。

そんな人いる?セフレにしやすい女性の特徴!!


最初に断言しておきます。ホントに「います!!(笑)」。つたない筆者の経験と分析からも言えますし、特徴もあるんですよ。

大前提として「セックス的に開発途上だが興味アリアリ」「セックス的に熟成されている」女性がソレです。そこまで見分けるには時間がかかりますから、ここでは入門編として3点紹介しておきます。

寂しがり屋あるいは甘えん坊な性格

とにかく独りでいるのが苦手なコっていますよね?トイレに一人で行けない、スケジュールが埋まっていないと不安…etc。

もう一歩踏み込むと、“常に彼氏がいないと不安になって、とりあえず生理的に「無理!」じゃなければ付き合ってみる”というコも。

あわせて末っ子気質というか、とにかくどんな場面でも甘えてくる、という女性もいます。こういった依存度が強いというのも「なりやすい」要素です。

お酒が好きな女性

お酒は普段の殻を破って、素の自分をさらけ出す魔法の薬でもあります。それだけ男性に対しても正直になり、嬉々として「お持ち帰り」されるなんて事もあるようで…。

泣き上戸や笑い上戸があるように、「脱ぎ上戸」「ヤリ上戸」というのも現実にはあるんですよ。当然、「ヤられ上戸」もです。

性欲が強い

ハッキリ言って本人の自己申告を除けば、わかりにくいです。ヒントとしては下ネタを男性を前にしても堂々と話したり、自然とスキンシップをしてくる仕草が似合うという所があるという点でしょうか。

少し焦点がずれますが喜怒哀楽が激しかったり、汗をよくかく女性はセックスの感度が良くて貪欲だとも言われています。この辺も視野に入れておくといいのでは。

出合った後の好意のもたれ方

首尾よく出会ったとしても、それは入り口にすぎません。そこからセックスにもちこんで、かつセフレにするにはどうすればいいのか?本論は、ここからです!

清潔感がある

セフレうんぬん以前に、これは社会生活を営むうえでの常識ですよね。

爪が伸びきっている、フケが落ちてるなんてのはもってのほかです。
服はいつも新調するわけにもいかないので、クリーニングにはマメに出しておいてほしいですね。

足元にも注意する必要が大です。革靴なら専用のワックスで磨き、スニーカー系ならこちらもよ~く洗っておいてください。

それと白い“歯”でいるというのも、重要ですよ。最近ではイイ歯磨き粉が市販されていますし、歯科医に相談するのもいいでしょう。

さりげない気遣いができる。

これはフランス映画を観れば一目瞭然です。

クルマの乗降時やレストランでの着席、出入り時等々、「常にエスコート」するという事を忘れずにいればOK。

「そんな大袈裟な」とか「日本人には似合わないよ」と思う人がいたら、その時点でアウトです。結構、こういった優しさにグッとくるモノなんですよ。

聞き上手である。

会社や学校の事、ご近所付き合い等々と女性は何かと愚痴をこぼしたい生物なのです。それを、広い気持ちで聞いてあげられるかどうかで男の価値も決まるってもんです。

しかし、ただ優しく頷いているだけではNG!
たまには、グサリと反論するのも大事です。そうする事によって「この人は、ご機嫌取りだけじゃなくてワタシの話しをちゃんと聞いてくれてるんだ」と思ってくれますから。

要は“忍耐とタイミング”が大事だというわけです。

デート後のホテルのスマートな誘い方

その日のデートの〆を飾るのは、何と言ってもセックスですよね。ただの“お友達”で終わるか“セフレに持ち込めるか”の瀬戸際といった所です。

ここでは、その一線を踏み越える重要なポイントを挙げてみます。

デートコースは完璧にする。

ここで言いたいのは、何も「How to小僧」になれというわけではありません。“デートの時にマゴマゴするな”という事が重要なのです。

食事を例に挙げれば「何がいい?」と聞いても別に問題はないのですが、その時に「和食」「フレンチ」「イタリアン」と何をリクエストされても対応できるように、地理を把握しておけばいいだけです。

その自信がないならば「ここがオススメだよ」と、推せる店を用意しておいてください。とにかく“優柔不断な男”とレッテルを貼られたら、それで終わりですから。

もちろん、ラブホの位置も頭に刷り込んでおくのも忘れずに。

誘う時は曖昧な言葉で誘う。

食事なりBARに行くなりして雰囲気が盛り上がってくれば、当然は「次はホテルかな?」と女性側も思うものです。

ここまでデートをリードしていれば「もう一軒行こうか?」とか「二人で盛り上がろうか?」で相手には十分通じるはず。
「次はラブホへ」なんて具体的に誘うとかえって“ガツガツしてるな”と冷められてしまう可能性もあります。あくまでファジーに、さりげなく誘う寛容さが大事です。

女性に理由をあげる。

女性側としてはあくまで「熱心さに負けて、ついて行っちゃった」とか「ここで断ったら、せっかくのデートがシラケるから」と言い訳を用意してあげるのが『セフレ道』の第1歩です。

ですから先述した「デートコースは~」という項目が生きてくるのです。「背伸びしてくれてるんだなぁ」「そんなにワタシを想ってくれてるなら…」と思わせられるわけですから。

セフレ関係を継続するには?

ファースト・セックスに持ち込んだら、いよいよ対象女性を「セフレ化」する段階です。ここまで持ち込めた諸兄は、いわば「勝ち組」予備軍。次は“継続”を目指して頑張ってみましょう。

セックスが上手。

この問題はなかなか難しいと思います。ただ、オールマイティに上手である必要はありません。パートナーにとって「上手」であればいいのです。

ですからファースト・セックスの時にも彼女のポイントを探しながらプレイしていけば、おのずと道は見えてくるでしょう。

具体的に挙げれば、耳の場合

  • 凄く感じるのか
  • くすぐったくて嫌がるのか

オッパイの場合揉みしだくか、噛むか、舐めるかを考えつつ

  • 乳首がイイのか
  • 乳房全体がいいのか

デルタの場合は

  • クリちゃん派か
  • 内部派(天井部分か子宮口近辺か等に細分化されるので注意)か

これらピンポイントを記憶しておけば、「相性が合う=気持ちイイッ=上手い」と思ってくれる事うけあいです。

セックス後の気遣いは大事

「先にシャワー使っていいよ」などと、とっとと帰りたい印象を与える言動は当然ながら✖です。

お互いにイった後もキスくらいはしてあげなきゃダメです。「いろんなトコ舐めてるから、キスはいいよ」なんて相手が言おうものなら、逆にチャンスと考えてください。
「好きな人の口なら汚く感じないよ」でコロリとくるはず。

シャワーを使うにせよ、バスルームに一緒に入って洗ってあげるくらいの気遣いを見せましょう。

セフレであるとはっきり言わない。

あくまでセフレとしてのパートナーなのですが「お前はセフレだよ」なんてハッキリと言う必要は全くないです。

しかし自分でも気づかないうちに、それに近い言葉や態度をしてしまう男性が少なからず存在するのも事実です。

常にエスコート精神を持続するのは難しいですが、たまには「普通のデート」をしてみたりセックス抜きで会うのも気分転換になっていいかも。

マンネリ打破にも効く事このうえないと思います。

まとめ

このように難しく考えがちな「セフレ獲得」ですが、落としやすい相手に対して効果的な手を打って行けばあながち苦労せずにパートナーを得られるかも知れません。

慣れてきたら、ここで挙げた方法に自分なりのアレンジを加えてみて益々のセフレライフを楽しんでみてください。

【おすすめの関連記事はこちら】
21人と出会えた!セフレを作る為のおすすめ出会い系&SNS

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事