付き合う前のデートを成功させるためには?

デートというとお付き合いが始まってからするものだと思われがちですが、本当にそうでしょうか?

お互いに好意を持っている男女が、約束をして二人で過ごす時間もデートといってもいいのではないでしょうか。

今回は恋人として付き合い始める前のデートについてご紹介します。

まずは、付き合う前のデートを成功させるためにはどのようなことに気をつければいいのかを考えてみましょう。

付き合う前のデートはどんなデート?

恋人同士のデートは、もちろん楽しむためにあります。

お互いに好きであることを確認した上でのデートですから、手をつないだりキスしたりすることもあるでしょう。

でも、付き合う前のデートでそれと同じことをしたらどうでしょう。まだ付き合ってもいないのに…と嫌がられてしまう可能性が高いですよね。付き合う前のデートではどのようにふるまえばいいのかをご紹介します。

相手のことを知るための時間

普段の生活の中で好意を持っている相手でも、二人きりになった時に心地よく過ごせるかどうかはわかりませんよね。

付き合う前にデートをすることで、実際にお付き合いする時の雰囲気を感じることができます。

二人で歩いている時、食事をしている時などの何気ない時間を一緒に過ごすことで、いつもは見えていない部分が見えてきそうです。

口実を作ってさりげなく誘う

突然「デートしようよ!」と声をかけても相手はとまどってしまうかもしれませんので、何か口実を探しましょう。

「映画のペアチケットをもらったから一緒に行かない?」とか「行きたいごはん屋さんがあるんだけど、一人じゃ行きにくいから一緒にどう?」といったように誘ってみるといいでしょう。

日時はできるだけ相手の都合に合わせるようにしましょう。

都合がなかなか合わない場合はいったん引いて出直すことも大切です。

デート時間は数時間のみ

お付き合いを始めてからのデートであれば朝から晩まで、またはお泊りデートもいいですが、付き合う前のデートは数時間で切り上げるようにしましょう。

付き合う前から長時間一緒に過ごしてしまうと、付き合う前に飽きたり気疲れしたりしてしまうかもしれません。

理想的なのは、お互いに「もう少し一緒にいたいな」と感じる頃合いでデートを終わりにすること。そうすると次に会う楽しみにつなげることができますよ。

話題に困らない場所を選ぶ

付き合う前のデートの最大の目的は「お互いのことをよく知ること」です。

そのため、ゆっくり話ができそうな場所がおすすめです。

かといって、ドライブデートのように密室に長時間二人きりというのも、話題が尽きてしまいがち。

ある程度のざわつきがある場所や、何か話のネタとなるようなものがある場所でデートをするのがおすすめです。

付き合う前のおすすめデート4選

付き合う前のデートについて考えてきましたが、次は具体的にどのような場所でデートをするとよいのかをご紹介します。

水族館


付き合う前のデートにまずおすすめするのは水族館です。

二人きりになるのが初めての場合、突然の沈黙に気まずくなってしまうことがあります。
水族館では目の前の水槽を泳いでいる魚などを見ながら、魚についての話をしていればいいので、そういった状況におちいりにくいです。

また、水族館内は日中でもライトアップされている場合があり、動物園よりもいいムードになりやすそうです。

映画館

映画館も付き合う前のデートにおすすめできる場所です。

相手の好きなジャンルの映画をリサーチしておいて誘えば、OKの返事もきやすくなるでしょう。

映画を見ている間は会話できませんが、映画館を出た後は見てきた映画の話で盛り上がることができるでしょう。続編がでたらまた一緒に見にきたいね、というように未来に向けた話を振って反応を見ることもできますよ。

ボーリング

ボーリング場は周囲に適度なざわつきがありながら、プレイスペースは二人の空間であることがポイントです。

カラオケボックスのような密室は、付き合う前のデートの場合には女性に警戒されてしまいがちです。

しかしボーリング場ならば周りにも多くの人がいるので安心感がありますし、ゲームをしている間は話題に困らずにすむでしょう。

カフェ


本格的な食事をする前に、まずカフェに行ってみるのもおすすめです。

レストランとなると本格的なデートの雰囲気になりますが、カフェだともう少し気軽に誘うことができそうですよね。

ランチやディナーに誘うほど関係が進展していないのであれば、カフェでコーヒーやデザートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

付き合う前におすすめしない3つのデート

付き合う前のデートにおすすめの場所を4か所ご紹介してきました。次は付き合う前のデートではやめておいた方がいい場所をご紹介します。

遊園地


遊園地といえばデートスポットの定番ですよね。

それなのに付き合う前のデートでやめておいた方がいい理由は「待ち時間」があることです。

待つという行為は人をイライラさせる場合があります。

付き合い始めている場合にはそのイライラをうまくかわしたりなだめたりすることができるかもしれませんが、付き合う前だとぎくしゃくしてしまう可能性が高くなります。待ち時間が発生しそうな場所はできるだけ避けた方がいいでしょう。


暑い夏、デートで海に行きたくなりますよね。でも付き合う前に海はやめておいた方がいいでしょう。

なぜなら水着姿は非常に露出が高いです。そのような姿をまだ付き合ってもいない相手に見せたいと思う女性は少ないからです。

最悪の場合「水着を見たいだけじゃないの…?」と思われてしまうかもしれません。また、寒い時期の海もおすすめできません。寒空の下で海を眺め、話をはずませるというのはかなり難しいですよね。

付き合う前のデートでは「話すしかない」状態は避けた方がいいでしょう。

自分の家

家に人を招く時、招いた本人は自分のフィールドなので非常に気楽な状態でいられます。

しかし招かれた方は緊張してしまうものです。また、女性の場合は男性の家に行く場合少なからず警戒してしまうでしょう。

付き合う前からそのような気持ちを持たせるのはよくありません。お互いに緊張しないような場所に行くのがいいでしょう。

付き合う前のデートを成功させる5つのコツ


付き合う前のデートの約束をとりつけることができたら、デートを楽しみ、成功させることを考えましょう。成功させるための5つのコツをご紹介しましょう。

デート前日に連絡を

デートの前日には必ず連絡を入れましょう。この連絡の内容は事務的なものではいけません。「いよいよ明日だね。すごく楽しみにしています。」など、約束を楽しみにしていることが相手に伝わるような内容にしましょう。デートは前日から始まっているのです。

待ち合わせから楽しく

待ち合わせ場所には早めに着くように心がけましょう。

そして相手が来るまでの時間も、これからのデートのことを考え楽しく過ごすようにするといいでしょう。

相手が多少遅れてきたとしても怒らず、笑顔で「大丈夫、そんなに待ってないよ」と言えるといいですね。

相手のペースに合わせる

付き合っていない2人の場合、まだまだ息が合うまではいかないことが多いでしょう。

その場合どちらかのペースに合わせなければなりません。できるだけ相手のペースに合わせて行動してあげましょう。

特に女性は買い物にもお手洗いにも男性より時間がかかる場合が多いです。そのような時に広い心を持ってゆったりと対応してあげると印象がよくなるでしょう。

適度にボディタッチやスキンシップを

お互いに意識しあっている2人ですから、適度なスキンシップがあってもいいのではないでしょうか。

付き合っていないのでやりすぎはNGでしょうが、歩きながらそっと手を触れてみたり、何かを見る時に身体を寄せてみたりすると、2人の関係もぐっと近づいていきそうです。

帰り際に次につながる言葉を

「もう少し一緒にいたい」と思えるくらいの時間にデートを終えましょう。
帰り際には楽しいデートだったということを必ず伝えましょう。

そして「次は君の行きたいところに行ってみたいんだけど、行きたいところはある?」など次のデートにつながる言葉をかけるといいでしょう。

それがない場合、相手も次の約束をしたくてもしづらくなってしまうかもしれません。

まとめ

付き合う前のデートについて、おすすめの場所や成功するためのヒントをご紹介してきました。

お互いに好意を持っていることがわかり、デートでいい雰囲気になれば告白もしやすいのではないでしょうか。

デートする場所やデート前の「楽しみにしているよ」の一言も、実は大切だということを忘れないようにしてくださいね。

【おすすめの関連記事はこちら】
【2018】東京都内のおすすめデートスポット14選!
気を付けよう!印象がいいデートの誘い方と悪い誘い方

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事