もう迷わない!最適なキスのタイミングとは

大好きな彼女との初デート!

ここで本気を出したいという時、あなたはキスのタイミングを上手く取る事ができるでしょうか?

不安なあなたは、一緒に勉強していきましょう!

キスのタイミングわかりますか??

どんな時にキスをしたらいいのか、あなたは分かりますか?

雰囲気?それとも強引に?
相手の気持ちあっての事ですから、迷ってしまうのも当然。

その迷う事が、命とりになる場合も。

デートの時迷います

しっかり考えておかないと、キスのタイミングの事ばかり考えてしまい、デートが楽しめません。

せっかく考えたプランも、見たいと思っていた彼女の笑顔も「キスキスキス…」とそれだけで頭がいっぱいに。

その結果、とんでもない時にキスをしてしまったり、タイミングを見失いチャンスを棒に振ったり…

そんなことになってしまっては、後悔するばかりです。

恋愛における悩みの1つです

恋の始まりで、一番の難関ともいえるこの“初キス”。

2人の思い出になる様に…と考えるあまり、勇み足になる場合もしばしば。

難しいのは、はじめの一歩。

この一歩さえ踏み出してしまえば、後はだんだん2人のタイミングがつかめてきます。

キスで大事な事3選


では、どんなタイミングがベストなのか。

キスをするタイミングのポイントを、一緒に考えていきましょう。

恋人の性格を理解する

まずは、相手の性格をよく知っておくこと。

一番重要視したいのが「人前は大丈夫かどうか」というポイント。

大きく分けて3パターンあります

人前でキスをするのが嫌な女性、雰囲気によってはOKな女性、どうあがいても人前では絶対NGな女性。

女性は雰囲気さえ良ければ、フレンチキスならOKという場合がほとんどです。

しかし、それでも嫌だという人もいるので、事前にリサーチしておいた方が賢明でしょう。

それによって場所を変えよう!

個室で誰も見ていない方が良いという人もいますし、別れ際チュっとするのがOKという女性もいます。

相手の傾向を見つつ、スチュエーションを選んでいくと良いでしょう。

おすすめは、ベタですが夜景の見える野外。

人通りも少なく、落ち着ける場所であれば、雰囲気で大体何とかなります。

そして、夜景なんか見ていれば「あ、キスするかも」と女性に心の準備をする時間を持たせる事も出来ますから、その後のキスがスムーズです。

相手に間接的にキスだと感じさせる!

前項でも申し上げた通り「気持ちの準備をしてもらう時間」は、重要。

その後のキスがスムーズにいくかどうかがカギになります。
飲みものをシェアするなど、さりげない間接キスをおり込んでいくと、キスに意識が向きやすくなります。

気持ちの準備をしてもらう

だれでも急にキスを要求されたらびっくりするもの。

そのせいで、せっかくいい関係だったのが「感性が違う…」と、別れのきっかけになる事も。

最初のキスは、相手にも準備してもらう時間をたっぷり持っていた方が良いでしょう。

わからないなら聞いてしまう


一番いいのは、あなたが「キスしたい!」と思った時、聞いてしまえばいいのです。

キスしたいけど、嫌がるんじゃないかな…と考えている間は、沈黙が続いたり、相手も気を使ってしまいます。

女性は沈黙が続けば、話をしようと頑張る傾向にありますが、あなたが考え事をしていれば、その会話も楽しめず、彼女は「何か上の空で話聞いてるなー楽しくないのかな」とモヤモヤ。

これでは、いい関係は築けません。

あなたがキスしたいと思っているという事は、それなりにいい雰囲気になっているという事。
女性も同じように、素敵な空気感を感じているはずですから、ストレートに言ってしまっても、相手に不快を与える心配は少ないでしょう。

する前に聞いてしまえばいい

「キスして良い?」と素直に言われると、女性はうんとしか言えなくなります。

そのストレートな表現にキュンとくる事がほとんど!

言われて嫌な気はしません。
むしろ、自分から「キスしたい」と言えなかったけど、言ってくれたから嬉しい!という気持ちが多いでしょう。

ストレートに伝えられれば「この場所では嫌」と、言いやすいもの。

その場所で嫌だと思ったら、しっかり伝えるチャンスを彼女は得る事ができます。

物怖じせず、スパっと言ってしまった方がお互い良い状況になるでしょう。

まとめ!恋人に合わせて臨機応変に!

女性は自分から「キスしたい」と素直に言う事ができません。

恥ずかしさや「キスしたいって言ったら、ビッチだと思われるんじゃないか…」という不安から、なかなか切り出しに
くいものです。

そんな時は、やはり男性にリードして欲しいと願っています。

あなたがキスしたいと感じている時、彼女もキスを望んでいるでしょう。

しかし、注意も必要。
「Aさんは、これでキスOKだったから…」という、前の経験に基づく初キス理論はNG!

人が変われば、感性も違います。
相手の事を良く知り、お互いにコミュニケーションを取りながら、二人だけの空気感を探っていって下さいね!