あなたに彼女ができないのは何故?その理由とは

女性に興味はあるし、知り合いが彼女と仲良くしているのを見ていると羨ましい。

自分だって彼女が欲しい。

彼女は欲しいのに「何故か」自分にはできない。

そんな風に、どうして自分には彼女ができないのか、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

では何故あなたには彼女ができないのか。
そんな「あなたに彼女ができない理由」を今から幾つか紹介してみようと思います。

彼女ができない8つの理由

恋愛するにも押さえておきたいポイント、コツがあります。

人によってそれは「出会い」であったり、「見た目」であったり、「対話術」であったりと課題も違ってくると思います。

今の自分には彼女を作るために何が足りないのか、現状を振り返りながら一緒に考えてみましょう。

人と交流する機会が少ない

まず第一に「人と交流する機会が少ない」なんてことはありませんか?

仕事の関係や生活習慣から、家と職場を行き来するだけで、人とそもそも交流する機会が少ないというのは昨今珍しくないと思います。

しかし、人と交流する機会が少なければ、当然女性と出会う機会も減ってしまいます。

少なければ少ないほど、彼女を作るチャンスも減ってしまいます。

現状なかなか女性と出会う機会がなければ、そういった機会を増やす必要があるかもしれません。

常にネガティブで自信が無い

自信の無さというのは雰囲気や態度に出てきます。

自然とおどおどしてしまったり、声が必要以上に小さくなってしまったり、卑屈にもなってしまうでしょう。

そうなると異性から見れば、頼りがいのない姿に見えてしまいます。
女性は多くの場合、頼りがいのある男性に惹かれるものです。

それには「リードしてくれそう」「将来性がありそう」「ポジティブで明るそう」「自分の芯をちゃんともっていそう」「余裕がありそう」のような様々な理由があります。

逆にネガティブで自信がなければ「消極的そう」「将来性がなさそう」「ネガティブな話ばかりしそう」「優柔不断そう」「余裕がなさそう」そんなイメージを持たれてしまいます。

すぐに自分に自信をもつというのは難しいかもしれませんが、例えば「背筋を伸ばして歩く」「はっきりと相手の目を見て話す」「ネガティブな話を極力しない」といった形から入ってみてはどうでしょうか。

女性との前だと緊張する

なかなか女性と接した経験が無ければ、最初は緊張してしまうものです。

しかし、緊張は不思議と相手にも伝わってしまうもので、なんとなく居心地の悪い雰囲気を作ってしまいます。

また、人によっては何か下心をもっているのかと警戒したり、余裕の無さを感じる人もいるでしょう。

「緊張のせいで女性と距離を縮められなかった」

そういった経験がある人もいるのではないでしょうか。

そんな場合、まずは身近な女性、話しやすい女性に練習相手になってもらうのもいいかもしれません。

「人と交流する機会が少ない」にも通じる部分がありますが、女性と接する機会を増やして、少しずつ慣らしていきましょう。

また、普段は大丈夫でも、好みの女性の前だと緊張してしまうという人もいると思います。

その場合は相手を意識しすぎているのかもしれません。

相手に好かれようとして上手くやろうと思うと、力が入って緊張してしまうものです。
意識するなと言っても難しいかもしれません。

ですが、無理に相手に好かれるのを意識しないで自然体を心がけてみましょう。

誰にでも平等に優しい

「自分を特別扱いしてくれる男性に女性は惹かれる」なんて話を聞いたことはありませんか?
誰にでも優しくできるというのは長所でもあります。

しかし一方では「八方美人」と思われてしまうかもしれませんし、女性からみれば「特別感」がなく感じられるでしょう。

せっかく距離が縮まってきても、「私以外にも同じような感じなのかな」と思われてしまえば、せっかくのチャンスが無駄になってしまうかもしれません。

また、「色々な女性に対して下心があるようにみえる」なんて場合もあるでしょう。

「もしかしたら私が本命なのかな」と意識してもらうために、態度や言葉でさりげなく差をつけてみましょう。

身なりがだらしなく不潔

恋愛に積極的に慣れない理由のなかでも
「顔に自信がないから」
というのは多いのではないでしょうか。

昨今では、テレビ、インターネット、雑誌などでかっこいい男性の姿をよく目にするため、容姿に対する女性のハードルは確かに上がっているかもしれません。

ですが、恋愛対象になるかならないかというのは「見た目の清潔感」が大きな割合を占めます。

つまり、顔に自信がない人でもしっかりとした清潔な身だしなみを心がければ、恋愛対象に入れる可能性があるということです。

逆にそういった意味では「だらしなく不潔な人」はそもそも恋愛対象に入りづらくなってしまいます。

自慢話が多く他人の話を聞かない

相手に自分をよく見せたくて、ついつい自慢話をしてしまうなんてことはあるでしょう。

しかし、自慢話が多い人は逆に「自信がなく承認欲求の強い人」なんて風にも見られがちです。

自分の話ばかりでは「会話のキャッチボール」が成り立ちません。

それでは相手は疲れてしまいますし、人によってはイライラもするでしょう。

相手に自分をよくみせたいのにそうなっては本末転倒ですよね。

そうなってしまえば、距離も縮めにくくなってしまいますし、そもそも次のチャンスがつくれなくなってしまいます。
自慢話が多かったり、一方的に話してしまう人は気を付けたほうがいいかもしれません。

物事やお金に細かい

昔はともかく昨今では女性と食事をした際など「割り勘」も珍しくありません。

ですが、例え割り勘での支払いであったとしても「やたら細かいお金」まで正確にしなければ気が済まなかったり、自分が少し多く払った時のことをいつまでも覚えていたり、あまり細かく気にしすぎるのはやめたほうがいいかもしれません。

また、少し喧嘩した時のことなどをいつまでも覚えていてことあるごとに口にする。

「これはこうあるべきだ」のような固定観念が女性にもあって、色々と押しつけがましいようなことを言ってしまう。

そんな物事に対する細かさのようなものも彼女ができない原因になりかねません。

女性に対する理想が高い

「身長は180cm以上で年収は1000万円以上、顔はイケメンじゃなきゃ相手にしたくない」

女性の男性に対する理想像というとそんなハイスペックがイメージされますよね。

実際、TVや雑誌、ネットなどでもよく目にします。

しかし、そんな話を聞いて「いやいや、理想が高すぎるだろ」と思ったことはありませんか?

理想が高いのは悪いことではありませんが、当然そういった相手は限られてきますし、こちらに対する要求スペックも当然高くなってきます。

「女性はこうあってほしい」「こういった相手と付き合いたい」という理想自体は大なり小なり誰でもあると思います。

ですが、本当にそうでなけば付き合えないのか。自分にもそれに見合ったスペックがあるのか。

少し女性に対する視野を広げてみるといいかもしれません。

彼女ができるにはどうしたらいい?


さて、あなたに彼女ができない理由について8つの理由について書いてきましたが、どうだったでしょうか?

当てはまる部分もあればそうでない部分もあったと思います。
では、現状を踏まえた上で、これから彼女を作るためにどうしたらいいのでしょうか。

女性と出会う機会を積極的に持つ

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる
そんな言葉があるように、彼女を作るにも出会いの数はとても影響してきます。

「外見」「対話のテクニック」などは銃で例えれば、「性能のよさ」や「銃の腕前」であり、普通の性能の銃や下手な人に比べれば当然ヒット率が高くなります。

ですが、外見に自信がなくても、まだ女性と話すことに慣れていなくても100発打てば何発かは的に当たるかもしれません。
人と交流する機会が少ないということは、それだけ彼女を作るチャンスも減ってしまうということになります。
知り合いのツテ、出会い系、合コン、探してみると最近では色々な手段があります。

先ずはそんな交流の機会を増やしてみましょう。

身なりを整える

伸ばしっぱなしで整えられていない髪、よれよれの服、汚い靴、磨いていない歯、口臭。

逆に男性視点でも、そんな清潔感のない女性は恋愛対象にはしづらいですよね。

だらしなく不潔な身なりは余裕のなさ、自信の無さなどネガティブなイメージを相手に与えてしまいます。

髪型や服装はネットなどでも簡単に情報が集められますし、お店にいけばプロの人に自分に合ったものを選んでもらうこともできます。

身だしなみには気を付けて清潔な身なりを心がけてみましょう。

聞き上手になる

「傾聴」というと難しく聞こえますが、相手の言葉に耳を傾けて相手がどんな人なのか、どういったことに興味があるのか、相手に興味を持って話を聞くようにするといいかもしれません。

一方的にこちらが話すだけではわからない相手のことも、相手に興味をもって聞き手にまわることで色々と知ることができます。

相手の趣味、好きなこと、癖などがわかれば今後相手と距離を縮める際の足がかりにもなります。

意中の相手と距離を縮めたいときは、グッと自分の話をしたいのをこらえて、聞き手にまわってみましょう。

誠実になる

例えば、

  • 嘘をつかない
  • 言動に責任をもつ
  • 相手の気持ちを考えた行動をとる
  • 陰口を言わない

誠実さは人と信頼関係を築く上で大切なことで、恋愛においてもかわりません。

嘘をつかない。約束を破らないというのはもちろん、相手の良くないところを注意してあげたりするのも誠実さです。

相手を傷つけないようにする優しさも大切ですが、それだけではただの「いい人」で終わってしまいます。

自分の言動に対して責任をもてなければ、優柔不断で自信がなく見えてしまいますし、陰口は気分のいいものではありません。

相手に対して誠実であることを心がけてみましょう。

まとめ

あなたに彼女のできない理由について書いてみました。

いますぐできることもあれば、変わろうと実行するには勇気のいることもあるかもしれません。

ですが、気がついて心がけることで少しずつでも変わることができます。

あれもこれもいきなりとはいかなくても、まずはひとつひとつ目標をたててチャレンジしてみるといいかもしれません。