サシ飲みに応じる女性の心理|実は脈アリ?その後はどうしたらいいの?気になる問題点も解決!

「今度2人でのみに行かない?」と軽いノリで誘ったらOKしてくれたあの娘。

もちろん2人でサシ飲みできるのは嬉しいけれど、その真意とは…?

この記事では、サシ飲みをOKしてくれたあの子の心理について考えていきます。

サシ飲みに応じる女性の心理


サシ飲みに応じる女性の心理を大別すれば【恋愛・友情・無関心】の3つ。

ほとんど“好意”があってOKするので、的外れな結果にはならないでしょうが、好意にも度合いがあります。

異性として好きなのか、それとも友達として好きなのか。

それぞれの女性心理について掘り下げていきましょう。

サシ飲みに応じるのは恋愛感情があるから?

好意がある相手なら、誰だって2人っきりになりたいもの。

2人きりという事は、お互いの話もたくさん出来るし、もっと距離を縮めるチャンスです。

また、お酒の席では気を遣わなくてもフランクに話す事ができるので、緊張もほぐれます。

好きな男性からの誘いは断りません!

彼女はあなたにサシ飲みに誘われ、有頂天になっているかも!

飲み以上の期待を胸に、当日まで自分磨きを頑張るでしょう。

サシ飲み当日、いつもより可愛いと感じたら、きっと彼女はあなたの為に頑張ったのです。

友達感覚でサシ飲みに応じる女性も

男女間でも友情は存在します。

異性であれば、自分の知らない事を知れたり、本能的に補い合う事ができるのです。

同性に誘われたのと同じノリで「いいよ~!」とサシ飲みに来る女子も、少なくありません。

サシ飲みに応じるのは心を許しているから

女子は基本、おしゃべりが大好き。

人の悩みは聞きたいし、自分のグチも聞いて欲しいいきもの。

サシ飲みは、心を開いて話が出来るので、それを求める女性にはもってこいの状況です。

しかしこれは、前提として「安心」があっての事

彼女は「あの人なら何もしないだろう」と安心してOKした可能性が。

その期待に応えるかどうかは、あなた次第です。

特に何も考えてないパターンも

「全く何も考えていない奴なんている!?」と思ってしまいますが…

一握、おります。

このケースはいわゆる「天然系」「小悪魔系」に分ける事ができます。

「小悪魔系」は(出来れば彼とお付き合いしたい)という心理が隠れているので、恋愛に分類されるため割愛。

ここでは「天然系」についてお話していきます。

ただなんとなく!でサシ飲み

このタイプの女性は、本当に何も考えていないのです。

「誘われたから、来た」の、それ以上でも以下でもありません。

サシ飲みに誘われ、別に断る理由もないし、行って嫌な思いをしそうでも無い。

その結果、「行く」という結論に至ります。

無理やり分類するのであれば“友達”にも入りそうですが、無意識と言う部分から、友情とはまた異なり、何の発展も望めないかもしれません。

サシ飲みする際の注意点2つ!

女性とのサシ飲みに当たって、男性からしっかり考えておいた方がいいポイントを2つ紹介します。

彼女との今後の進展も左右するので、キッチリcheckして下さいね!

お持ち帰りを意識しすぎない!

サシ飲みとなると、その後の事に意識が向いてしまうのは当然。

女性も、少なからずそう思っています。

しかし、意識しすぎると会話や態度にそれが出てしまい、女性に引かれてしまう事も。

こうなってはもう縁を持つのは難しくなるので、「サシ飲みでは手を出さない!」と思っていた方が良い関係を築けるかもしれません。

女性から誘われたなら、断るのは失礼♪どんどん行ってヨシ!です。

後々面倒なことになってしまう場合も

しかし、そこで手を出してしまうのは後々面倒になる事も。

「私達付き合っているの?どうなの!?」

「酔ったからって手出したの!?」

みたいな面倒くさいパターンを避けたいのであれば、大切な女性以外に手を出すのは控えましょう。

飲み代は割り勘?男性持ち?

サシ飲みで困るのは、お会計。

それまでの楽しい雰囲気から、一気に現実に引き戻されてしまいますが、ここも重要なポイント。

何でもかんでも“全額男子もち”はやめた方が良いですが、ここぞという時は決めて欲しいと思うのが女心。

相手との関係性によって変えよう!

あなたが相手の女性との進展を望んでいるなら“全額持ち”でちょっとカッコつけても良いでしょう。

ただ、その後まで毎回…となるとかなり負担になるので「今日は払わせて!」とけん制も必要。

友達としてのみに行くなら、ワリカンで良いでしょう。

いずれの場合も、迷ったら「お会計、どうしようか」と素直に相談するのもアリ。

「俺が出したいところだけど、正直、出来ればワリカンだと助かる」と、正直に話してくれるのも、意外と女性は嬉しいものです。

ただ、1円単位まで細かくワリカンすると、心象ダウン。

1000円台とは言いませんが、せめて100円台は男性が負担した方が格好付きますよ。

まとめ

いかがでしたか?

サシ飲みに応じる女性は、あなたと同じように、ちょっと期待をしつつその場に向かいます。

  • 好意があるからサシ飲みに行く!
  • 飲みの後は手を出さない方が賢明。あせらずじっくり縁を深める!
  • 会計は相手に応じて、相談しながら

この3つのポイントを押さえて、素敵な夜を過ごして下さいね!

この記事を読んだアナタへのおすすめ記事