バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

ラブサーチのメールの書き方!返信率を飛躍的に上げるメール攻略法

出会い系で、出会うにはメールのやりとりが重要だとみなさんご存知だと思います。

なのに、ラブサーチでは女性からの返信がまったく来ないなんてことはないでしょうか?

送っても送っても全然返信が来ないから、次第にやる気も無くしてしまうでしょう。

「どうすれば、ラブサーチで返信がくるようになるのか」
「返信が多くくる、良いメッセージの書き方はないだろうか」
と私自身考え、何度も検証した結果、返信率を飛躍的に上げるメールの書き方が判明しましたのでこの記事で紹介します。

下記にある方法を実践すれば、ラブサーチで相手から返信が来る確率は上がりますので是非実践してみてください。

ラブサーチで返信が来るメールの書き方って?

ラブサーチ_返信低い
ラブサーチで相手から返信が来るメールの書き方を知っていますか?

そもそも、ラブサーチは女性からの返信率が低いという意見がよく見られます。

私自身、ラブサーチで女性から返信が返ってくる率は高くなかったです。
100通メールを送って、10通返ってくればいいレベル。

どうしてラブサーチの返信率は低いのでしょうか。
男性登録者は定額で無制限にメールを送ることができるため、女性会員は一日に何十通ものメールを受け取ります。

女性もすべてのメールに返信するのは大変なので、返信する人を選びます。
なので、男性への返信率は低くなってしまいます。

また、他の出会い系では返信率はいいですがそのほとんどがサクラだったりします。
サクラのいないラブサーチは、その分返信率が悪いのだと考えられます。

【教えて!goo】で、同じような回答がありました。

ラブサーチは2年近く登録して活動してました。
会うまでには至りませんでしたが、メールで何人かの人と沢山お話しました。
なかなか返事が頂けないということですが…。
女性はメールを沢山受けることがあります。
だから、本当に自分にとってこの人は合うかもしれない!と思った相手を見つけ、返事をするのにいっぱいいっぱいなのかもしれません。
たまたま質問者さまが送った相手の方にとって質問者さまが合わないのかも…と思われたのかもしれませんね。引用:教えて!goo

女性からの返信が多い人は、顔写真がいいとかプロフィールがちゃんとしてるなどもありますが何よりもメールの送り方や内容がしっかりしている傾向にあります。

なので、あなたにも返信したくなるようなメールの書き方を知っておく必要があります。

ラブサーチで返信率が低い人の4つの失敗

ラブサーチで女性から返信が返ってこない人がよくやりがちな失敗が4つあります。

こんな失敗あなたもありませんか?

メールの内容が悪い

メールの返信が返ってこない問題の1つに、1通目の内容が悪いことが考えられます。

まだ知り合ったばかりで警戒心を抱いている女性に対して、タメ口で偉そうだったり、アダルトな内容を送ったりしていませんか。

あるいは相手の心になにも刺さらない、印象の薄い文章も返信を返そうとは思わないでしょう。

1通目ですぐに会おうとする

ラブサーチ_会う
1通目からLINEや連絡先を聞いたり、すぐに「飲みに行こう」などと誘ったりするのは絶対やめましょう

相手からしたら「仲良くないのに」と返事を返す気も起きなくなります。

返事が来ないのにメールし続けるのはダメ

ラブサーチ_返信

返信が来ないからと、同じ相手に何度もメールを送るのはやめましょう。

女性は、出会い系サイトでたくさんの男性からメッセージをもらいます。

そのためメールに気づかないことや、相手を選んでメッセージを送ることが多くなります。

だからといって何度もメールを送るのは、相手にとって迷惑で怖い行為です。

なので、返信を催促するようなメールを何度も送らないようにしてあげてください。

やりとりする人を選り好みしている

ラブサーチ_選ぶ

続いて、自分のタイプだけにメールを送るのはやめましょう

返信率の高いメールを送ったからと言って、実際に返って来るのは5人に1人くらいです。

初心者の人は書き方の形を覚えて、最低でも20人~50人くらいに送ってみましょう。

それでは、返信率の高いメールの書き方とはどのような書き方でしょうか?

ラブサーチでメールの返信率を飛躍的に上げる6つのコツ

ラブサーチで返信率を上げるメールの書き方の6つのコツをご紹介していきます。

  1. 1通目をとにかく大事にする
  2. 相手のプロフィールから共通点を見つける
  3. 「質問で終わる文章」で返信を引き出す!
  4. 相手によって、メッセージを使い分けよう
  5. 相手の名前を呼ぶ
  6. もう一回送ってみる

その➀1通目をとにかく大事にする

ラブサーチ_1通目

1通目のメールで、相手にアリかナシか判断されます。

相手に「返信してみようかな」と思わせるには、コミュニケーションの基本を大事にすることが大切。

「はじめまして、○○といいます!」
というように、きちんと自己紹介から入ることが連絡を続けるコツです。

住みや職業なども書いておいた方が、あなたの情報が明確になるので印象もその分よくなります。

丁寧で誠実な印象を相手に植え付けるのが、返事をもらうコツになります。

逆に、いきなりタメ口で馴れ馴れしい話や下ネタなどを送っても返信は返って来ません。
間違ってもこんな文章を送ったりしないように気をつけましょう。

気をつける点を簡単にまとめると、

  • 最初は敬語で
  • 自己紹介を入れる
  • 200文字以内で長すぎず

これらの点に気をつければ、悪い印象を与えず返信率が高くなるでしょう。

その➁相手のプロフィールから共通点を見つける

ラブサーチ_profile

次に、女性は「なぜ私にメッセージにくれたのか」を気にします。

出会い系では、不特定多数に送って来るような適当なメッセージを送って来る男が多く、コピペや心のこもってない内容はすぐに分かります

「どうせみんなに同じ内容送ってるんでしょ」と思うと、返信する気持ちも萎えてきます。

なので、何かしらメールを送った理由を入れてあげると相手に好印象をもってもらえ返信率も高くなります。

特に、相手と同じ趣味や好きなものなど共通点があれば話も弾みやすいですよ。

例えば、この女性は旅行が趣味で、「温泉好きコミュニティ」に入っていたのでこのようなメッセージを送りました。
「旅行が好きなんですね。僕も温泉巡りが好きで地方にドライブに行ったりします。」

このようにその人向けてきちんとアピールしたり、相手のプロフィールから丁寧に組み取ってあげると返信が来やすいです。

その➂「質問で終わる文章」で返信を引き出す!

ラブサーチ_質問

一番簡単な方法は、メールの最後を質問で終わらせること。

それだけで、女性は返信しなきゃという気持ちになることが多いです。

例えば、最初のメールで「これから仲良くしてください。」で終わらせてしまうと、相手は返信を返す必要がないなと思ってしまいます。

仮に返ってきたとしても、

「これから仲良くしてください。」

「はい(^^)よろしくお願いします」

で終わってしまい、次に繋げにくいです。

逆に、
「これから仲良くしてください。ところでお仕事は何をされていますか?」
と質問を最後につけると、

「医療関係の事務の仕事してます(^^)〇〇さんはどんな仕事ですか?」

「そうなんですね!自分は〇〇の営業をしてます!
医療関係のお仕事ってお休みも少なくて大変ですよね。休日はどう過ごされているんですか?」

というように、疑問文をつけておけば何かと話題が続きやすいです。

その➃相手によって、メッセージを使い分けよう

ラブサーチ_相手によって使い分ける

また、メッセージを送る上で重要なのは、相手によって文章の書き方を分けることです。

プロフィールが長文で、日記もまじめな人に送る場合はこのような文章にするといいでしょう。

実際に私が、都内に住んでいるトレーニング好きのOLさんに送った1通目のメッセージ内容です。

この方は真面目だという印象が強かったので、私も短めではありますがしっかりとした文章で送りました。

プロフィールが短文で日記が特徴的な人の場合は、このような文章がいいでしょう。

日記の中に「くるり」というミュージシャンの歌詞が書かれていたのですが、特にそこについては日記で触れていなかったので、あえて質問しています。
このように、相手の趣味や嗜好にあわせて、相手が返信したくなるメッセージを送ることを心がけましょう!

その➄相手の名前を呼ぶ

文章のなかで、相手の名前を呼び掛けると返信率が上がります。

出会い系のやり取りだけでなく仕事や普段の日常でも使える、相手との距離を縮めるちょっとしたテクニックです。

その人に対してメッセージを送っていることが伝わり、自分も相手から返ってきた返信に自分の名前が入っていると嬉しいです。

「○○さん、はじめまして!」「○○さんはどんなお酒が好きですか?」など、相手の名前を入れてあげるときちんと文章を読んでくれる傾向にあります。

ただし、コピペでうっかり別の人の名前を入れたりするのは避けましょう。

これが相手にメッセージを送る最低限の書き方です。

ここに、自己紹介や相手のプロフィールに合わせた内容を盛り込むことで、飛躍的に返信率を上げることが可能です。

その➅もう一回送ってみる

それでも返事がなければ、もう一度だけメッセージを送ってみましょう。

あまりにしつこいメールは迷惑ですが、2回目までは大丈夫です。

女性は多くのメールをもらっているので、ほかのライバルに埋もれてほんとに読まれていないことが多いです。

なので、私は返信がない相手には基本的にもう1回だけ送るようにしています。

2通目でメッセージが返って来ることもあるので、このような文章を送ってみてください。

「こんばんは。昨日メールを送った○○です!ぜひ○○さんとメールがしたいです」

相手に対して真剣さが伝わり、返信してくれる可能性が増えますよ。

それでも返信がない場合は、他の相手にメッセージを送るようにしましょう。

しつこすぎるのもダメだが、すぐに諦めてしまってはせっかくの出会いのチャンスがもったいないです。

返事が返ってきた時のメールの続け方

最初の返信が返ってきたら、ここからが勝負の分かれ目。

メールのやり取りを続けて、相手と仲良くなる必要があります。
仲良くなる中で、相手に飽きさせないことと少しづつ距離を縮めることが大切です。

文字数や頻度は相手に合わせる

ラブサーチ_メッセージ

相手がどんなメールを送って来るか、どれくらいの頻度で送って来るかなどを見て相手に合わせるようにしましょう。

もし、相手が長文で返してくる場合には長文で返信をするようにして、相手が短文ならこちらも短めで返信してあげると相手も苦にならずスムーズに会話が進んでいきます。

また、頻度も相手が1日に1~2通ならそのペースに合わせましょう。
無理に早めたり、逆にまったく送らないことで相手の熱が冷めることもあるので気をつけてください。

相手の好きなことを話す

ラブサーチ_話す

自分の好きなことより、相手の好きなことを中心に話題にしましょう。
もしかしたら、メールのやりとりが続かない原因は自分のことを話しすぎているからかも知れません。

相手が自分に興味を持たなければ、「へー、で?」で終わってしまいます。

自分も相手の話に興味がなくて「で?」と思うことがあるかもしれないが、「好きな子の好きなものに興味をもつ」気持ちで相手に関心を持つようにしましょう。

相手に興味を持ってもらえる話題作りの一番は、相手の好きなものについて話すこと。

早めにLINEを聞き出そう

ラブサーチ_line

サイト内のやりとりだけだと次第に、相手も飽きてくるので早めにLINEに移行しましょう。
やり取りを始めて、大体1週間くらいがLINEに以降する目安となります。

LINEになると、相手もより気軽にやり取りができるので仲良くなりやすいのが特徴です。

まとめ

面倒だからと言って、適当にメッセージを送っていると返信が返ってこない結果になります。

一人一人きちんと丁寧に送ってあげることが、メールだけでなくプロフィールの設定の仕方やそのほかの攻略法も実践して返信率を高めましょう。

ラブサーチの口コミや使い方についてはこの記事でまとめています。
ラブサーチの評判・口コミ・使い方・攻略法を徹底解説!

この記事を読んだ人におすすめの記事

イヴイヴの口コミ、評判は?審査通過からマッチングのコツまで徹底攻略!

2016年の11月にリリースされたマッチングアプリ「イヴイヴ」。 完全審査制のアプリであること、また運営会社のあるニュースでいま話題となっています。今回はこのイヴイヴについて徹底調査! どんなアプリなのか、本当に出会えるのか、管理人が体を張って調べてみました。イヴイヴとは?

『いきなりデート』審査の通過率は5%!?口コミも調査!

ハイスペック男女限定デートセッティングサービス。運営の指す「ハイスペック男女」の基準とは・・・。もはや誰得アプリと化している「いきなりデート」の実態について詳しく解説していきます。「いきなりデート」とはいきなりデートは2017年よりアイザック株式会社からリリー

スマホで手軽に出会いたい!おすすめの出会い系アプリ5選【2018年版】

「出会いがない」 そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。しかし実はこれ、超簡単に解消できるんです。その解決方法とは、出会い系アプリを利用すること。 あなたがいまこの記事を読んでいるそのスマホで、出会いアプリをインストールすれば数百万人の異性と出会うことができます。

彼女が欲しい人はいますぐ始めるべきアプリ10選

みなさん、おはようございます、こんにちは、こんばんは。 メンハクでライターをしているモテるオタクです。今回は彼女が欲しいあなたのためにオススメのマッチングアプリをご紹介。「性格の良い人と付き合いたい」 「可愛い人と付き合いたい」 「趣味の合う人と付き合いたい」 これらの思いは

元カノからセフレになる

© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.