バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

出会い系で「必ずモテるプロフィール写真」とは

「さて、出会い系で色々な女性と知り合って仲良くなるぞ!!」

と意気込んで登録してみたものの、なかなか上手く相手と繋がることができない。

手当たり次第に「いいね」してみたり、メッセージをしてみたり、気がつけば対してやり取りできないままポイントだけが減っていく……

出会い系は登録すれば出会えるというものではなく、出会える確率を少しでも上げるために抑えておきたいポイントがあります。

その一つが「プロフィールの写真」です。

「プロフの写真」は言わば、「自分というカタログの表紙」です。

自分を知ってもらうためにもまずは写真で足を止めてもらって、興味を持ってもらう必要があります。

では、どんな写真を撮ったらよいのでしょうか。

出会い系アプリで出会いを増やす写真の撮り方


自分の立場で考えてみると可愛く「見える」綺麗に「見える」写真をプロフにしている女性の方が、積極的に仲良くなりたいと思いますよね。

もちろん、「加工してある」ことは理解しているし、実際出会って写真通りとは限らないですが、写真の時点で「お近づきになりたい」がその後の関係にも大きく影響します。

「自分の中身を知ってもらえば」と思っても、結局は中身を知ってもらえるところまで辿り着けなければ意味がありません。

少しでも出会える確率をあげるために、まずは入口になるプロフ写真を上手く撮りましょう。

女性にモテる!3つの写メの撮り方


さて、ここからいよいよ写真の撮り方について説明していきます。

まずは女性にモテる3つの写メの撮り方です。

1.旅行やイベントの時の楽しそうな写メ

旅行や何かのイベントで楽しそうにしている写真は女性に「この人と一緒に出かけると楽しそう」といったイメージをもってもらいやすいです。

また、「自分と趣味が合うか」の判断にもなりますし、それが大勢での写真であれば「交友関係」のアピールにもなります。

「出会った後のことをイメージさせる」「自分と合いそうか」「どういった雰囲気の交友関係をもっているか」など、旅行やイベントの写真は出会うに当たって様々な面で相手へのアピールになります。

2.友人がとってくれた自然な1人の雰囲気の写メ

「自分以外」かつ「自然な」というのが大切なポイントです。

いざプロフとなると自撮りが多いかもしれません。

ですが、「自分でかっこよく撮った自撮り」はともすれば「ナルシスト」とも女性からとられかねません

友人に頼むのが難しければ、タイマーなどをつかった写真など「自撮り感」の出ない写真を用意しましょう。

3.明るくて優しい雰囲気が伝わる自撮り写メ

「第一印象は見た目で決まる」なんて言葉はよく聞きますよね。

その「見た目」というのは「顔の造形」というより「清潔感」や「雰囲気」が重視されます。

となると基本となるのは「明るく優しい雰囲気」であり、「笑顔」です。

ネットでの出会いである以上、女性も当たり前ですが警戒します。

そこで「無表情」や「暗い表情」の写真をプロフにもってくると、それだけで敬遠されかねません。

目じりを下げて、口角を上げて歯をみせた「本気の笑顔」で写真を撮ってみましょう。

これはNG!載せないほうがいい写メ


女性の気を引きやすい写メがあれば、これはやめた方がいいという「NGな写メ」もあります。

相手の気を引こうとして試行錯誤したものが、実は逆効果なんてこともあります。

では、どういった写メがNGなのでしょうか。

自撮りでキメキメな写メ

こちらは先ほど別の項でも触れましたが、「自撮りでキメキメな写メ」はやめておきましょう。

出会い系に限らず、Lineにプロフ画像なども「がっつり決めた自撮り写真」は「かっこいい」という前に、「ナルシスト」と撮られがちです。

それならばいっそ、本人ではなく可愛い動物の写メにした方が受けがいいかもしれません。

写真によってその人の「雰囲気」や「イメージ」の第一印象が左右されてしまうで、自撮りの場合はせめてタイマーを使って「自然体」の写真を撮りましょう。

過度な加工がされている写メ

昨今の写真は多少の加工であれば、見慣れたものです。

特に女性の写真などは、加工していないものの方が見かけないぐらいではないでしょうか。

しかし、過度に加工してあるものは見抜かれてしまう場合があります。

明度、彩度などはともかく、例えば顔の形、目の形などあまりに弄りすぎれば不自然ですし、「ナルシスト」や「気持ち悪い」といった印象を抱かれかねません。

もちろん「写真と実物は違う」ということくらいは相手も理解していると思いますが、それでも加工するのであれば、出会った時のことを考えても「嘘つき」と言われない範囲で留めておきましょう。

なぜか裸の写メ

稀になぜか「裸の写メ」をプロフにしている人を見かけます。

ですが、「赤の他人の裸」なんて誰も見たくはありません。

好印象どころか「気持ち悪い」です。

常識的に考えればわざわざ裸をプロフにすることはありませんが、気を付けましょう。

魅力を最大限に引き出して撮る4つの方法


NGな写真の撮り方を把握したところで、最初のモテる撮り方に加えて、更に幾つか「自分を魅力的にみせる撮り方」を幾つか紹介していこうと思います。

メインのプロフに加えて、出会い系ではサブのプロフを幾つか設定できることも多いため、複数の写真を使って自分をアピールしてみましょう。

1.とにかく自然な笑顔で写る

「笑顔」については前述しましたが、笑顔とはいってもあまりに不自然なものは不気味に見えます。

あまり笑顔の練習など普段はしないかもしれませんが、鏡をつかって自然な笑顔を練習してみましょう。

ポイントとしては

  • 目尻が下がっている(目も笑っている)
  • 口角が上がっている
  • 口角が上がって歯が見えている

などを意識してみましょう。

特に笑顔が苦手な人は口角ばかりに意識がいって、一見笑っているのに目が笑っていないという「怖い笑顔」になりがちです。
   
自然で目が笑った優しい笑顔を意識して写真を撮ってみましょう。

2.明るい場所で撮る

明るい場所で撮影しましょう。

暗い場所で撮れば暗い雰囲気に、明るい場所で撮れば明るい雰囲気になります。

せっかくの笑顔も暗い場所で撮れば暗くみえてしまい、好印象とは言えません。

写真を撮る際には背景の色(白や明るい色)や明暗にも気を遣って、明るく清潔感のある写真を撮影しましょう。

3.ペットなどの動物と一緒に写る

身近な犬や猫など動物と一緒に写ってみましょう。

言うまでもなく動物好きの人は多く、特に犬や猫は一緒に写っているだけで好印象に繋がります。

また、「動物好きに悪い人はいない」なんて言葉もあるように、動物と一緒に写るだけで優しく良い人に見えるから不思議なものです。

全くもって動物が嫌いであれば、後々の会話などにも影響してくるのでおすすめできませんが、そうでなければ動物と撮ることでイメージがよくなります。

4.万人ウケしそうな格好で撮る

誰から見てもある程度印象の良い格好を心がけましょう。
具体的にはYシャツなどの清潔感のある服にしっかりとセットした髪型などです。

まず、「恋愛対象か否か」の判断が「清潔感」で大きく左右されるのは言うまでもありません。

もし、出会う確率を上げたいのであれば、尖った個性的な服装やよれよれの服などは避けて、シンプルでしわがなく清潔感のある服をチョイスして撮影に挑みましょう。

この記事を読んだ人におすすめの記事

定額制(月額)でおすすめな出会い系サイト&アプリ15選【初心者も安心】

オタクなのにモテるモテオタクです 出会い系を使うようになって早5年。 これまで100以上の出会い系に課金してきたことが唯一の自慢の25歳です。 poiboyをやって1週間で50ポイをもらったり、YYCを使って無料で出会いまくったりしています。 この記事を読んで

理系大学に通っていて出会いがない男子が女子と出会うための5つの方法

就職活動ではめちゃくちゃ有利だけど、恋愛の戦場では極めて不利な理系大学という環境。 勉強するという面では恵まれた環境ですが、女の子と楽しく青春を過ごそう!という人にとってはめちゃくちゃ不利な環境ですよね。 まず男女比が普通の大学とぜんぜん違う。 10人中1人しか女の子がいないとかいう状況な

安心安全なおすすめ出会い系アプリと無料出会い系アプリの危険性

完全無料の出会い系アプリは危険です。 なぜ危険なのか? 完全に出会える安心安全の出会い系は存在するのか? この記事では、「安心安全のおすすめ出会い系」「無料の危険な出会い系アプリ」について紹介しています。 まずは「危険な完全無料の出会い系アプリ」についてをお伝えしていきます。

出会い系で知り合った女の子を初日でラブホテルに連れ込む!

「せんせー、出会い系で初めて会った女の子をラブホに連れ込むにはどうしたらいいですかー?」 間違いなくこの世のすべての男子が一度は思う最強の疑問。 はい。その質問に対する答えはこうです。 「初めて会ってセックスできるやつとしか会うな!」 ブスでも美女でもその性格は千差万

No Image

© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.