バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

  • ホーム
  • 出会い
  • 遠距離恋愛は失敗する?別れるカップルが多い理由を考えてみた。

遠距離恋愛は失敗する?別れるカップルが多い理由を考えてみた。

遠距離恋愛とは、居住している地域が
物理的に離れている男女が交際している状態のことを指します。たとえば、彼氏は東京、彼女は福岡とかそんな感じです。どーでもいい話なのですが、彼氏が東京都北区に住んでいるのに対し彼女は神奈川県横浜市。

まあ、距離は結構、離れているとはいえますが、その気になれば普通に会える距離なので遠距離というほどではないでしょう。そんなわけで明らかに頻繁に行き来するのが難しいと思われる物理的な距離感で恋愛をしている状態です。

一般的にはれ遠距離恋愛はうまくはいかないといわれています。一般的に考えられている理由は、距離が離れているためデートの回数や会う回数が限られてきます。ただ、正直なことを申し上げますと遠距離恋愛もそんなに難しくはないのです。

むしろ、ある意味近距離で恋愛をするよりも絆を深めやすいのではないかと思います。しかし、やっぱり別れてしまうカップルが多いのも事実です。そこで、今回はなぜ遠距離恋愛で失敗するカップルがいるのか?その辺を解析してみたいと思います。

遠距離恋愛で破局する4つの理由とは?

1.価値観のギャップ

まず、遠距離恋愛で破局するのはどうして起こるのか?これはお互いの価値観が違うからです。彼氏は毎週一回でも会えればそれでいいと思っている。一方で彼女は寂しいから頻繁に連絡を取りたいと思っている。

けれども、彼氏はあんまりマネな男性ではなくメールの適当に用事があるときにしかしないような人。一方で彼女は毎日LINEやメールで連絡をしてくる。こういう場合は彼氏からしたら彼女はちょっと「うぜぇ~。」と思ってしまうかもしれません。

一方で、彼女は「なんで返信がないんだろう?」「ほかの女の子と連絡取り合っているのでは?」と不安に思ってしまいます。近距離ならば頻繁に会えるので会って話し合いなんてこともできますが、遠距離の場合はそれが難しいのでそのまま破局するというケースもあるのです。

2.お互い信頼しあえていない

特に居住している場所の距離が離れているならば、二人の関係を続けるならば信用問題です。彼氏から連絡がないからと言っていちいち何をやっているのか詮索しまくっていたら、そりゃ、「俺のことを信用していないのか?」と、嫌がれてしまいます。

なんでもそうですが、人間は疑いをかけられることを嫌います。なんの根拠もないのに「ちょっと怪しいから」という理由で警察に呼び止められたらいい気分はしませんよね。なので、あまり刺激をしないであげることがポイントになります。

確かに恋人が何をやっているのか気になるかもしれません。それこそ、恋人が好きならばなおさらのことですが、そこはしっかりと我慢して相手を信用してあげることで解決します。過保護、世話焼きの人は特に詮索する傾向にありますがそれもうっとうしいと思われるのでマイナスです。

3.ルールが不明確

距離が離れているからこそ話し合いもしにくいです。その為、付き合う当初にルールを明確にしておくべきなのです。それこそ、人なんて100人いれば100通りの性格があるわけです。似ているとはいえど、若干は異なるでしょう。

ですから、初めにお互いのことを話し合ってからルールを明確にしていきます。あなたはマネに連絡を取らなくても大丈夫な人だとしても、相手が会えない分常に連絡を取り合わないと寂しいと思うならば毎日必ず3回はLINEするとかルールを作っておくのです。

それに、こういったルールを作ることによって二人の結束力も強くなりますから恋仲もいい感じになるのです。もし仮にこういったルールを作ってもすぐに破ってしまう相手なら一度話し合いが必要です。それでもだめなら自分の見る目がなかったのだなとあきらめましょう。そういう相手と付き合うと後々面倒なことになります。

4.全く会わない

日本とアメリカで国際恋愛をしていたとしても結婚までたどり着いたケースはあります。しかし、これも全く会わないということもなく、年に1、2回でも会うようにしていたそうです。要するに大事なのは会うことなのです。

全く合わずに、メールやLINEだけでやり取りをしているだけで付き合っている意味はあるのか?心の中に疑問と同時に距離が生じ始めます。ですので、これも居住区域によって変わってくる話なのですができるだけ会うことが重要なのです。

日本とアメリカだとしたら、それこそお互いの生活もあるでしょうから、夏休みと冬休みの年に2回ぐらいでもよいでしょう。頑張ればゴールデンウィークなどもいけると思います。春の連休を使ってアメリカの彼女に会いに行くとかね。

けれども、国内の遠距離恋愛ならば頑張れば毎週会うことは可能です。経済的な余裕から考えても毎週は難しいと思うならば毎月、3か月に1回でもよいので会うようにしましょう。

これに関しても、初めのルールでどうするか?明確にしておきます。ただ、常日頃からデートしている居住区が近いカップルよりも会う回数と時間に限界がありますからそれによって濃いデートができます。

メンタルが弱い!お金がない人にはおすすめしません。

基本的に遠距離恋愛はマメな人間でないと難しいです。もちろん、初めにルールを明確化しておくことがポイントにはなりますが、いくらルールを作ったとしても、メンタルが弱い人だと「面倒くさい。」「ソクバッキーだな(汗)」と熱が冷めてきます。初めのうちは好きで好きで仕方なかったとしても、こんな苦労な思いをするならほかの相手を見つけたほうがイイじゃんと思ったりするんです。

1.やっぱり不安

近くにいなくても、お互いを信じあおうというルールを作るとしても、お互い信じるというのは結構なメンタルがないと難しいかもしれません。信じたくてもどうしても不安になるのが人間というものです。周りには近くに常に恋人がいるのに自分は月に1回しか会えない。それって辛いですよね。

2.会うだけで経済的に負担がかかる

遠距離といえどどの程度かは場所によっても異なりますが、例えば東京と大阪ならば新幹線で往復2万円程度。夜行バスを使えば1万いかないぐらいですかね。これぐらいならばまだよいのですが、福岡とか札幌になるとそれなりに負担も大きいでしょう。さらには、旅費だけで数万かかってそこからデートするわけですから、もし、毎月これをするならば結構な負担になるのは間違いなさそうですね。

遠距離恋愛は強い気持ちと経済力が必要かも。

それでは、遠距離恋愛を長く続けていくには最も重要なのはやはりお互いのメンタルの強さではないかと思います。結局、長い期間会えないわけなので、「会えない。」「寂しい。」「こんな恋愛って意味ある?」「ほかの人と付き合ったほうが楽じゃん。」

と、心の弱い人は思ってしまうわけです。まあ、何が正解かとはいいませんが、遠くにいる恋人がどうしても好きで他よりもそっちを優先する理由があれば強いメンタルが芽生えて遠距離恋愛を続けることができるのかもしれません。

実際問題、あまり会えないからこそ、その恋人に魅力を感じることはあるものです。そういう人にとっては遠距離はあっているかもしれません。結局のところ、一人の相手に尽くすとか、一途な人でないと周りからの誘惑に負けてしまい遠距離は続かないのではないかなんて僕は思いましたね。

この記事を読んだ人におすすめの記事

サクラより悪質!出会い系サイトにはびこるキャッシュバッカーの実態

サクラと並ぶ出会い系利用者の敵であるキャッシュバッカー。 年々数を減らしてはいますが、未だに口コミではキャッシュバッカーに騙され、多額の課金をしてっしまったという人が多くいます。 というわけで今回はキャッシュバッカーの現状と実態を調べてみました。 サクラとキャッシュバッカーの違

出会い系で勧誘してくる女性の特徴と見分け方

出会い系サイトやアプリにはサクラ・業者といった悪質な会員が紛れ込んでいることは皆さんご存知かと思います。 この悪質な会員の中にはマルチ勧誘をするために出会い系を利用している迷惑な女性も含まれます。 こういった女性にいくらアプローチをかけたところで恋愛に発展することは無く、最後に残るのは損

失恋でショックを受けた男性が速攻で立ち直るたった5つの方法。

恋愛が成就したこととは対照的に、それが実らなかったときの「失恋」というモノは心身に大きなダメージを与えます。これによってなかなか立ち直れない人もいるのではないでしょうか?中には自殺してしまう人もいるぐらいですからね。 それだけ残酷なことなのです。ちなみに、よく、「失恋したんですよ。」とか「失恋

相席居酒屋に来る女性はタダ酒しに来ているだけ?女性の本音とは?

相席屋に来る女性の目的は? 相席屋は女性が無料で飲み食いできるシステムで女性客を集めていますので、当然タダで飲み食いする為に来る女性もいるでしょう。 相席屋に来る女性客の目的についてその本音に迫ります。 もう一方の男性はどんな目的で来るのでしょうか? 相席屋で実際に楽しめるの


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.