バツボタン

メンズハックスロゴ

欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン

  • ホーム
  • 出会い
  • 実践すれば必ずモテる!女性を魅了する男の特徴とは

実践すれば必ずモテる!女性を魅了する男の特徴とは

街中で美女とそうでない男性のカップルが仲良くデートしている様子を見たことはありませんか?
つまり女性にモテる男性=イケメンだとは限りません。

いままでモテたことがないあなたも、モテる男の特徴を知ってそれをマネすれば必ずモテます。

モテる男の性格や雰囲気などの内面、髪形や服装などの外面の特徴を知って女性にモテる男に変身しましょう。

女性にモテる男の特徴、条件とは

女性にモテる男の条件はイケメンというわけではありません。顔は平均以下でもなぜかモテる人っていますよね。

たとえばお笑い芸人なんかを見るとよくわかりますよ。ロンドンブーツの田村淳やよゐこの濱口優などルックスは特にいいわけではないですが女性にモテることで有名ですよね。

そうです、男はルックスではないのです。

モテる男とモテない男の違いは、内面から出る雰囲気や会話、清潔感のある服装や髪形などに気を配っているかどうかです。

ここでは、モテる男が実践している女性に対する接し方やルックスに関するものなどをご紹介します。

モテる男の女性への態度・姿勢

モテる男は女性が喜ぶツボをよく知っています。
彼らが実践している女性を惚れさせる接し方を学んで真似することが、モテる男への第一歩です。

安心感のある態度

職場や学校でいつも眉間にシワを寄せて難しい顔をしているよりも、柔和で安心感を与える男性を女性は好みます。

基本的に女性は男性を少し怖い存在として見ています。だから警戒している女性にあの手この手を使って近づいても、結局は逃げられてしまいます。

安心感を与えるにはまず笑顔ですが、いざ笑顔になれといってもなかなか難しいものですよね。
ですから少しでも柔らかい表情を意識してみることから始めてはいかがですか。それだけでも全然違いますよ。

さらに声のトーンを少し上げてゆっくり会話することを心掛けるとより効果的です。イメージは元テニスプレーヤーで現在スポーツキャスターの松岡修造。謙虚で物腰が柔らかいのが印象的ですよね。

まずは相手に安心感を与えて、警戒心を解いてあげることを意識しましょう。

豊かな表情

イケメンで不愛想な男性よりも、たとえ不細工でも笑顔の素敵な男性の方が女性にモテます。

たしかにクールな男を好きな女性もいますが、付き合いが長くなってくると相手が何を考えているのかわからなくて不安になるとの声も。

とくに目尻を下げてクシャっとなった笑顔に女性は弱いと聞きます。いきなりは難しいので、少しは練習してみるのもいいと思います。

マメな対応

マメな男はモテるとよく聞きますよね。ホシマツも昔友人に「もっとマメになった方がいい」と言われたことがあります。

マメな対応とは下記のようなことをいいます。

  • 電話やメール、LINEなどの連絡をマメにする
  • 女性からのLINEなどにすぐ返信する
  • 誕生日や記念日を忘れずにきちんとお祝いをする
  • デートのプランをきちんと立てる
  • 感謝の気持ちをきちんと言葉で伝える

簡単にできそうでなかなか難しいこれらのことを、モテる男はマメにしています。

聞き上手

一般的に男性よりも女性の方が社交的と言われています。

米メリーランド大学の研究結果によると、男性が1日に発する単語数は平均7,000語で、女性の場合は平均20,000語といわれています。
実に男性のおよそ3倍も女性の方が多くの単語数を発しているといいます。

さらにある調べによると日常会話が女性の「ストレス解消」にも繫がっているとされ、1日に6000語以下しか話せないと、脳がストレスを感じやすくなるとも。

じゃあ女性との会話を盛り上げようという話になりますが、会話が苦手っていう男性も多いですよね。そういうホシマツもちょっと苦手です。。。

でも必要以上に女性との会話を心配する必要はありません。

なぜなら女性はあなたの話よりも、自分の話を聞いてもらいたいからです。つまり「楽しい」「嬉しい」「悲しい」「辛い」など自分の感情を聞いてもらいそれに共感してもらいたいのです。

女性の良き理解者のごとき聞き上手になればいいのです。

女性の話をよく聞いて、その会話の中から興味のある部分を質問して、それに共感すれば自ずと会話は盛り上がるはず。

それでも難しいって?

それならまずは質問を「オウム返し」してみることから始めてみては。

回答ではなく共感が大事ですから、話を聞いてくれているという意味で思わぬ効果があるかと思いますよ。

気配り

いわゆるレディーファーストのこと。

女性は特別扱いされることを好みます。モテる男は女性がしてほしいことをサラッとスマートにしてあげています。

  • 重い荷物を持ってあげる
  • レストランでソファ側の席へ通す
  • 自分が車道側を歩く
  • ドアを開けてあげる

などです。

何かしてあげれば、相手は何かお返ししたいと思うのが人間です。このことを行動心理学の世界では「返報性の法則」といいます。

モテたいならきちんと行動で示すことが大事です。

モテる男の外見

女性への接し方が良くても最低限の外見は必要です。
不細工だと悲観的になる必要はありません。イケメンになるのは不可能でも好感度が高いルックスを目指すことはできます。

清潔感のある服装

清潔感のある服装と清潔な服装は似ているようで違います。

洗い立てでもしわくちゃなシャツだったり、色あせしたシャツでは清潔感がありませんよね。

清潔な服装はあたりまえ。清潔感のある服装とはきちんとした身だしなみのことをいいます。

キレイな靴

オシャレは足元からってよく聞きますよね。

どんなにいいジャケットとパンツを揃えても靴が汚いと残念な印象になります。逆に靴がキレイだとそれだけで好印象になることも。

「靴を大事にする人は女性も大事にする」なんていう言葉もあるくらいです。女性は結構靴を見てますよ。

好印象な髪形

髪形で印象は大きく変わります。

2カ月も3カ月も散髪していないボサボサの髪なんてのは問題外です。

流行りの髪形もいいですが、自分の顔の形や髪質に合うヘアースタイルにすればOKです。

眉毛を整える

せっかくのイケメンでも眉毛がボーボーだと野暮ったくて残念な感じに。

眉毛をきれいに整えるだけで、顔の印象が180°変わります。

男性向けの眉毛サロンもありますので、一度は勇気を出して行ってみては。
自分に合う眉毛が分かれば、自分で整えるときもスムーズですよ。

きれいな肌

意外と女性は男性の肌も見ています。

今や男性もスキンケアする時代です。別に大げさなことをする必要はありません。

シェービング後や乾燥時に保湿してあげたりするだけでも全然違ってきます。

指(爪)をきれいにする

腕や指も女性がよくチェックするポイントです。

手の甲から腕にかけての血管が好きという女性が多いのですが、その延長で指先もチェックされているのです。

伸ばしっぱなしの爪や汚い爪は、不潔な印象を与えます。

ファッションに気を遣う

スーツ姿はカッコいいのに私服はダサいという男性はとても多いです。

全身ユニクロではちょっと恥ずかしいです。デート用にキレイ目な服を最低でも2、3着はそろえておきたいところです。

まとめ

女性にモテる男の特徴をご紹介してきましたが、みなさんはどうような感想を持ったでしょうか。
どれもやればできることばかりだと思われたのではないでしょうか。

確かにサクッとできるような簡単なものではありませんが、女性にモテるにはそれなりに努力する必要があります。

少しづつできることから始めてみてください。

この記事を読んだ人におすすめの記事

位置情報を活用した出会い系アプリは危険なの?近所の人と出会うには?

位置情報を活用した出会い系アプリがあるのをご存知ですか? 自分のすぐ近くに未来の恋人がいるかもしれないと考えると夢が広がりますね。 ですが、「位置情報を活用した出会い系アプリは全て詐欺だ!」と言っているサイトもあるようです。 これは事実なのでしょうか? 結論から言うと半分本当で半

ゲームセンターでナンパ!ゲーセン女子の連絡先を即ゲする方法。

ナンパスポットはいろいろとありますよね。 ストリート、クラブ、店内、などなど。 とりあえず、人と出会える場所であればどこだってナンパをすることができます。 そんな中でゲームセンターってどう思いますか? 都内にもゲームセンターは腐るほどあると思うのですが結構なナンパスポット

看護師さんと付き合いたい!でも、性格がキツイという噂も(汗)

白衣の天使のナース。男性であれば看護師さんにあこがれるというか、なんとか付き合えないだろうか?と心の奥底で思ったことはあるはずです。まあ、僕の経験上、看護師さんが嫌いな男なんていませんから。 だってそうでしょ?コスプレでも人気ですし、基本的にナースって男性にはウケがいいんです。話によればこれは

一目惚れしたらどうアプローチする?女性の心理を考察して行動しよう!

日常生活を送っているとあらゆるシーンに遭遇するものです。そんなときにたまたま「ビビッ」と来た女性を発見!これが俗にいう一目惚れというやつですね。辞典を参照すると、一目惚れとは、一目見ただけで女性に好意を持ってしまうこと。 また、その女性に夢中になってしまうことだそうです。以前の記事


© Copyright 2018 MENS'HACKS(メンズハックス)
欲望が溢れて止まらない男のためのウェブマガジン.All rights reserved.