【注意!】梅毒との恐れがある方は迷わずに検査を。感染者が過去最多!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、YAHOOニュースで気になる記事が上がったので共有したい。

■以下YAHOOニュース

梅毒患者が、感染症発生動向調査事業を始めた1999年以降で最多となった
昨年を上回るペースで増えていることが7日、国立感染症研究所がまとめた患者報告で分かった。
特に東京都内で報告が多く、都は「パートナー同士の感染有無の確認がまん延防止に必要」としている。【新井哉】
 
同研究所がまとめた3月29日までの約3か月間の患者報告数は、前年の同じ期間より85人増の399人を記録。
都道府県別の報告数は、東京が最も多く159人。以下は、大阪(40人)、神奈川(27人)、福岡(18人)、埼玉と愛知(共に14人)、
北海道と千葉(共に10人)などの順だった。
 
都内では昨年の同期間に比べて65人増えた。都によると、直近の3月23日から29日までの週に報告のあった21人のうち、
19人に性的接触による感染が推定された。性的接触の推定感染経路は、同性間が9人、異性間が5人、性別不明が5人だったという。
梅毒は性交渉時の接触感染が主流で、感染すると2―3週間後からリンパ節炎や皮膚症状が現れる。
期に発見して治療を行えば完治するが、治療しないと症状が段階的に進行し、中枢神経が侵されて死に至ることもある。
妊娠している人が梅毒に感染した場合、流産や死産の原因となることもあるという。

こうなると私ももしかしたらという方、必ず検査を受けてほしい。
今なら自宅でも精度の高い検査ができるキッドがある。

梅毒とはどんな病気なのか?

梅毒(ばいどく、Syphilis。黴毒、瘡毒(そうどく))は、
スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ (Treponema pallidum) によって発生する感染症、性病。
第一感染経路は性行為であるが、妊娠中、出生時の母子感染による先天性梅毒もある。
梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なる。

梅毒とは『性病』の一種だ。

梅毒の感染ルートはトレポネーマという病原菌によりあらゆる性行為で感染するといい、特にアブノーマルな性行為では感染率が高い。
口の中に梅毒の病変がある場合は、キスでも感染する。
病気の症状が3週間後、3ヵ月後、3年後と変化するが、中には症状が表に出ないケースもある。
梅毒にかかってしまうと、HIVなどにも感染しやすくなるため、症状に気づかず放っておくとさらに重病に掛かる可能性もあり、
昔は治療法なども見つからず、不治の病として恐れられていた。

放置すれば死に至る事も多かったという梅毒だが、1943年にペニシリンでの治療が開始され、現在は早期治療で完治する。

ちょっとでも気になった読者は必ず検査を行ってほしい。

梅毒がチェックできる検査キット人気ランキング

(※情報元:STD【性病】研究所〜性病についてのお悩み解決サイト)

【第一位】STDチェッカー タイプE(男性用)

STDチェッカー タイプE(男性用)

性感染症の基本検査項目(男性用)のセットです。人気のスタンダードタイプ。
尿と血液でお調べすることができます。

■採取器具(※医療機器承認番号:22400BZX00500000)

  • 尿採取キット(尿スピッツ)
  • 血液採取キット(ランセット・ろ紙など)

【第二位】STDチェッカー タイプR(男性用)

STDチェッカー タイプE(男性用)

基本検査項目が全て入った決定版!まとめて一度に検査を受けたい方へ。
ブライダルチェックやお付き合いされる方がかわるタイミングで。ぜひおすすめです。

■採取器具(※医療機器承認番号:22400BZX00500000)

  • 尿採取キット(尿スピッツ)
  • 血液採取キット(ランセット・ろ紙など)
  • うがい液採取キット(うがい液スピッツ)

【第三位】STDチェッカー タイプK(男女共通)

【第三位】STDチェッカー タイプK(男女共通)近年は再び感染者数が増加しているので、注意が必要です。
早期発見・早期治療が大切です。

■採取器具(※医療機器承認番号:22400BZX00500000)

  • 血液採取キット(ランセット・ろ紙など)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加