ハイスペック限定サービス「tailor(テイラー)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年、株式会社Diverseがリリースしたハイスペック向けデーティングサービスtailor(テイラー)。

多忙過ぎて出会いが無いビジネスプロフェッショナルを対象に、専属コンサルタントがあなたのためのデートをセッティングしてくれます。

そんなtailor(テイラー)の仕様や評価について解説していきます。

tailorの特徴

運営会社

Tailorは株式会社Diverse(ダイバース)が運営しているハイスペック向けのデーティングサービスです。

運営元であるDiverseは日本最大級を誇る出会い系サービスYYCや女性主体のマッチングサービスとして話題を集めたPoiboyなどを運営している企業です。

さらにmixiモンスターストライクで有名な株式会社ミクシィのミクシィグループに属しており、信頼性も極めて高い企業です。

コンセプト

「最高の出会いを、驚くほどかんたんに」

tailorでは専属のDatingコンサルタントを用意しており、中でも男性の場合は多忙で出会いのないビジネスプロフェッショナルを対象にサービスを運営しています。

ビジネスプロフェッショナルとは

ビジネスプロフェッショナルの定義はtailorが独自に定義したPMEBという略称で呼ばれます。
【PMEBとは】

  • Professionals 専門職(医者、弁護士、士業、国家公務員、エンジニア etc.)
  • Managers マネージャー
  • Executive Officers 経営幹部、執行役員

このように定義されているため、あくまでハイスペックビジネスマン向けのサービスとなっております。

tailor(テイラー)」

自動マッチングシステム「Soulseek」とは?

Soulseekとは、シンガポールのLUNCH Actuallyという企業独自のマッチングシステムでです。

ユーザーの外見的、心理的、知性的な特徴や、相手の好みなど、あらゆる情報に対応し理想的な相手を自動でマッチングしてくれます。

LUNCH Actuallyはシンガポール政府公認の大手マッチングエージェンシーであり、過去12年間のSoulseekの実績は「マッチング回数9万回以上」、デートをしたユーザーのアンケートで「満足した」と答えたユーザーが87%と、極めて質の高いマッチングシステムです。

提携を結んでいるtailorはSoulseekを用いる事で、ハイクオリティなサービスを提供しています。

登録の条件

登録の条件はなんと完全招待制となっております。

他のユーザーに招待していただくしか登録手続きをすることができません。
こればかりはどうしようもありませんね。

また、招待をしてもらっても、お次は会社まで足を運びサービスの説明を受けたり、希望のアンケートなど色々と審査があるようです。

多忙なビジネスプロフェッショナルな方々はこの時点で躓きそうですが大丈夫なんでしょうか。

登録会員の比率

女性会員

女性比率
女性会員は93%が首都圏在住で、首都圏を中心としたサービスとなっているようです。

年齢は20~29歳が55%30~34歳が45%と、年齢の幅はあらかじめ限定されているようです。

男性会員

男性比率
男性会員も首都圏在住は92%となっています。

年収面は800万円以上の会員が79%と、かなり厳選されているようです。
約600万円が21%ですが、約1000万円が半数以上というのは驚きです。

職業面はPMEBが95%とこちらもかなり厳選されているようです。

登録からデートへの流れ

登録の流れ

登録の流れ
登録するには既にtailorを利用しているユーザーから招待コードをもらう必要があります。

招待コードをネットから申請をします。

返事が来ましたら指定された登録場所(Tailor本社か別途施設かは不明)に赴き、実際にサービスの説明やご希望などを伝えます。

審査の後、会員登録手続きが完了したら初めて紹介可能となります。

デートの流れ

ユーザーには専属のコンサルタントが付きます

ご紹介からデートのセッティングまですべてコンサルタントが行ってくれますので、自分でやることはほぼありません。

実際にデートが決まりましたら、当日指定されたデート場所へ向かっていただきます。

お相手の事は直接会って初めて知ることができます。

指定された時間内でのデートを3回繰り返していただき、感想や後日談内容で次回へのマッチングへと活かせるシステムになっています。

セキュリティ

ミクシィグループによるセキュリティでプライバシーを守って安全に利用できます。

やはり大手運営という安心感はありますね。

料金システム

基本的にデート内容ごとに変動いたしますが、男女共に10,000~30,000円が相場のようです。

他のデーティングサービスである「いきなりデート」ですと1,000~2,000円ですのでなかなか高額に設定されています。

こうして比較すると段違いに高額ですが、金銭面でもハイスペックにふるいを掛けているというならその分期待もできそうです。

tailorの長所と短所

3つの長所

  • ユーザーの質が高水準に保たれている
  • 余計な労力がいらない
  • 自分の理想に近い相手が見つかる

完全招待制度や厳正な審査により、一定水準以上のユーザーしか利用できない点が非常に優れています。

出会い系アプリやマッチングサービスに比べて、出会うまでに仲良くなる工程などをばっさり省く事によってユーザーの不要なコストの削減に繋がっています。コンサルタントに一任する事で、仕事が忙しい方もプライベートに支障を来す事無く出会いの場を設ける事ができます。

従来の出会い系サイトなどでは第一印象として顔で判断する事がほとんどでした(Poiboyなど)。ですが敢えて相手の前情報を知らないまま
出会う事
先入観を取り払うことに成功していると思います。

3つの短所

  • 登録審査の難易度がとても高い
  • 料金的設定が比較的高い
  • 軽い気持ちで使うのは難しい

登録審査の難易度が高すぎ大半の方が利用すらできないでしょう。
使用感以前の問題です。

他のサービスに比べて料金は高めです。
そのくらいが余裕で出せるくらいの方しか利用できないように金銭感覚のハードルを設けているのかもしれませんが、どちらにせよ利用しづらいです。

「3回目のデートの後に感想や後日談を参考にする」という時点で、軽い気持ちや遊び目的には向いていません
相手に失礼な態度を取ってしまえば、それが相手のコンサルタントを通して自分の印象や性格としてデータに登録されてしまえば、マッチング率はどんどん下がっていくでしょう。

tailorの評価まとめ

ハイスペック向けデーティングサービスというと「いきなりデート」というとても似た仕様のサービスがありますが、いきなりデートほどイヤミっぽくなく、tailorはあくまで客層を絞り、客層に見合ったサービスを提供しているように感じました。

ユーザーも高水準を維持し、サービスの充実度や審査の徹底振りもかなりの高評価でした。

しかし如何せん、ハイスペック以外の方にはトコトン向いてない仕様に作り込まれていますね。

恋活や婚活目的なわけでもないならわざわざここまで徹底したサービスより、敷居が低く大手の優良なサイトを利用した方が気兼ねなく効率的に出会えるでしょう。

tailorと同じく株式会社Diverseが運営している大手老舗のYYCなど、管理人がおすすめする出会い系サービスを掲載しているので参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加