【YYC運営新作】デートプランであの子を落とせ!swish(スウィッシュ)の評判・口コミ

    会員数-
    課金方式定額課金制・ポイント課金可
    女性のタイプ-
    年齢層-
    主な職業-

    株式会社ダイバース(Diverse inc.)より2017年8月21日(月)iOS先行プレリリース開始。

    YYC、Paiboy、youbrideなどの有名マッチングサービスを提供しており、大手運営という非常に期待値の高いアプリです。

    今回プレリリースとなるswish(スウィッシュ)はどのようなものなのか。
    仕様や口コミ、評価など解説していきます。

    swishの特徴

    swish

    コンセプト

    「女子の願いを男子が叶える 新感覚のマッチングアプリ」

    キャッチコピーの通り、女性主体となるマッチングサービスです。

    近頃はこういった方針が王道になってきましたが、swishはその中でも面白いシステムを採用しています。

    「デートプラン」で「おさそい」?

    「女性が選び、男性が完全に待ち状態のPoiboy」などに対して、swishでは「男性はデートプランでアピールし、女性がプランを評価する」という形がメインとなります。

    アピール方法がデートプランの提示なので、マッチング後の展開がイメージしやすくなるというのはかなりの強みかと思います。

    swishの使い方

    swish_説明

    独特の名称

    swishはアクションに対して独特の呼び方をします。

    • 「おさそい」→“いいね”を指します。
    • 「やりとり」→“メッセージ”を指します。
    • 「☆(星)」→1~5段階の評価を表します。男性のデートプランに対して女性からのみ送ることができます。

    使い方について

    swish_デートイメージ

    女性にアピールする際、男性は「おさそい」としてデートプランとしてを提示します。
    (※この段階ではメッセージは送れません)

    アピール方法は、女性のプロフィールに「興味あること」というタグがあるので、それを参考にお互いの共通点を見つけて提案しましょう。

    女性側はアプリに表示された一覧の中から自分に合うものをプロフィールにタグ付けします。

    女性側は送られてきたデートプランに対して興味があれば、☆を1~5個の段階で評価を返します。

    星の数が多いほど実際の出会いへの可能性に直結すると考えていいでしょう

    料金体型

    swishではポイント課金制と月額定額プランがありますが、定額プランは年齢によって料金が二通りに変わってきます。

    定額プラン

    swishでは年齢によって定額プランの料金が二通りに変わってきます

    29歳以下の男性1ヶ月プラン
    3,600円(税込)/月
    3ヶ月プラン
    3,133円(税込)/月
    (一括13,680円)
    6ヶ月プラン
    2,900円(税込)/月
    (一括13,680円)
    12ヶ月プラン
    2,067円(税込)/月
    (一括21,360円)
    30歳以上の男性1ヶ月プラン
    4,300円(税込)/月
    3ヶ月プラン
    3,866円(税込)/月
    (一括16,800円)
    6ヶ月プラン
    3,633円(税込)/月
    (一括16,800円)
    12ヶ月プラン
    2,900円(税込)/月
    (一括26,800円)

    課金ポイント

    ポイント課金制109ポイント
    1,080円(税込)
    450ポイント
    3,500円(税込)
    1300ポイント
    7,800円(税込)
    2400ポイント
    11,800円(税込)

    ポイントについて

    ポイントを消費する行動

    おさそい1回:1P
    全部したい1回:30P

    ポイントの貯め方

    ポイントは無料会員でも貯めることができます。

    ポイントが付与されるのは下記の条件になります。

    • プロフィール登録時
    • 毎日ログイン
    • ポイント購入
    • 有料会員登録

    swishの長所・短所

    swish_フッター

    長所

    デートが前提のマッチングアプリなので出会うことが前提なのが強みです。

    女性も出会いを想定して利用しているので、比較的ハードルが低い傾向にあります。

    デートプランから話を広げればいいので話題にも困る事は少ないでしょう。

    短所

    男性は有料会員でないとやりとりができないという点が一番の短所でしょうか。

    近頃のマッチングサービスは無料で使えるものはほぼほぼ無く、むしろ有料制にすることで良質なユーザーしか生き残れない傾向にあります。

    「出会い系にお金はかかるモノ」と割り切ってしまえば、試してみる価値のあるアプリかと思います。

    swishに向いてるユーザー

    1. 「メッセージのやりとりを続けるのが苦手」
    2. 「アプリで話せても実際に会うのが難しい」
    3. 「リアルでの出逢いが欲しい」
    4. 「メッセージのやりとりが面倒」

    といった方にはswishが適していると思います。

    swishはデートプランを見て判断するわけですから、男性その人の内面に注目されることが大事になるでしょう。

    特に男性にリードしてほしい女性が多くなるかと思います。

    目的もデートが前提のアプリなので、仲良くなるまでにダラダラとメッセージを繰り返すなどの必要も軽減されるでしょう。
    簡単に距離を縮めるには、長々とやりとりをするより実際に一度会ってしまうのが最も効率がいいです。

    そういう面ではswishの仕様は優れていると言えるでしょう。

    リリースパーティーが開催決定!!

    swish_パーティー

    swishではリリースを記念して、ユーザー参加のリリースパーティーを開催するようです。
    今後も随時開催していくという話も出ているので、早いうちにインストールしておいて損はないと思います。

    開催予定日:9月9日
    開催場所:銀座
    参加資格:swishをダウンロードした方
    予定人数:男女各20名程度

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    イベントなど新しい試みにも取り組んでいるようなので、興味を持たれた方は早いうちから準備しておく事をおすすめします。

    プレリリースということもありまだまだユーザー数は少ないですが、運営のブランド力も相まってこれから伸びていくでしょう。

    とはいえ全く使えないという話でもなく、swishのイベントパーティーは出会いの場としては捨てがたいです。

    現段階ではswishは登録だけしておいて、同じ運営元の中でも信頼性の高い出会い系アプリであるYYCを利用するのが手堅い出会い方かと思います。

    以下のオススメ出会い系アプリもご覧ください。

    目的別出会い系アプリ&サイト総合ランキングランキング

    PCMAXは、軽いノリの出会いに対して肉食的な若くて可愛い女性が多いし、1日15万件にも及ぶ掲示板への投稿の中にはセフレを募集している女性からの投稿も多いから気軽にお願いしやすいです!

    おすすめな理由
    ・運営の取り締まりが厳しくサクラがいない
    ・メディアに多数記載
    エロい女性が他の出会い系より多い

    女性のタイプ
    幅広いタイプと出会える
    料金体制
    ポイント制(前払い)
    出会える度

    セフレを探すならラブサーチが一番安価でおすすめ
    4ヶ月以内で88.9%の方が出会いを見つけています!!

    ラブサーチはomiaiやペアーズと違って婚活がメインとなっている定額婚活系サイトとはいえ、会員の平均年齢もそこまで高くないので、がっつり婚活している人よりもセックス目的やご飯目的で登録している人のほうが多いです。

    6か月定額プランにすると月に2,000円で利用することができるのもオススメ!!

    女性のタイプ
    清楚系、お姉さん系
    料金体制
    定額制
    出会える度

    会員登録数は1000万人と業界の中でも最大手!!
    更にYYCがオススメな理由は登録作業が簡単なことです。

    他の大手出会い系サイトでは登録時点で本人確認を済ませる必要がありますが、YYCは登録後の本人確認でOKです。

    サクッと登録してから、本格的に出会いを求める作戦に切り替えることが出来ます。

    女性のタイプ
    ギャル系、お姉さん系
    料金体制
    ポイント制(1P1.8円)
    出会える度